ホーム   /  News   /  市ニュース   /   生計図書館:人生経験は本です
生計図書館:人生経験は本です 2013-07-11

 

人生経験は本になることができます。今日、寧波海洲区が開設した「現実図書館」が正式にオープンしましたが、将来的には海州区図書館の図書館カードがあれば無料で本を借りることができます。伝統的な紙の本とは異なり、「本物の本」の人は本であり、本は人です。読者と本は対話的になることができます、しかし通常の人から人への講義とは異なり、それは繰り返し「借りられる」ことができます。この本は「社会と文化」と呼ばれ、呉Heliという公務員であり、長年にわたり社会学的知識の研究に専念し、豊富な知識を持っています。借り手、牙寧夏、寧波工科大学の2年生。 「私は一年で社会的インターンシップに行かなければならない、しかし私は将来の計画を立てる方法がわからない、そして私は社会の現実に近づいている。私は混乱した。しかし、社会的ニーズは変化し、コンピュータは以前から普及してきていますが、近年では環境保護に変化しているため、問題が発生するのは普通のことです。 ... "" Wu Heliは彼の長年の研究を読者と共有し、それから読者を対象にしました。 Haishu Districtは、Weiboを通じて「本物の本」の募集ポスターを発行し、生活の中で豊富な経験を持っているか、特定の分野で独自の洞察を持っているか今までのところ、11人の「本物の人の本」が借りることができ、そして29人のネチズンたちが借りるつもりであった。 Haishu District Libraryの担当者は、「本物の本」はデンマークで生まれました、そしてその願い - さまざまな文化や国の人々が座って話をさせてください。