ホーム   /  News   /  市ニュース   /   昨日、3人のフォークアートの若者がクリエイティブマーケットマーケットカルチャーセンター117アートセンターを立ち上げました。
昨日、3人のフォークアートの若者がクリエイティブマーケットマーケットカルチャーセンター117アートセンターを立ち上げました。 2014-02-24

 

昨日の午後、寧波文化センターの117アートセンターが扇動され、ここで7番目の「アイ指向」のクリエイティブマーケットが開かれました。 37の民俗芸術デザイングループと個人が彼らの創造的なデザイン製品を見せて、交換するようになった、探検するために都市から多くの実務家と若い文学愛好家を引き付けること。クリエイティブ市場はまだ寧波の比較的新しい語彙です。昨年の8月には、3人のフォークアートの若者が最初の「マーケティング団体」(寧波の方言、「何か」を意味する)を後援し、それから毎月6つの問題を発表しました。良い評判と一定の評判。手作りの刺繍、しおり、ペンダント、綿や麻製品、鉢植えの植物、財布、手工芸品などが展示されています。昨日、展示されている手作りの製品には、外国の職人が作ったケニアの石器、1920年代から1950年代のイギリスの手作りのシルバーネックレス、寧波の知的障害者の焼いたビスケット、そして唯一の地元の落書きチームの創造力などがありました。製品など主催者の「目」を担当するFu Weizhou氏は記者団に、展覧会に参加しているクリエイティブチームの比率は約1:1であると語った。彼は、外国の職人を引き付ける魅力は、地元のクリエイティブチームが相互学習、影響力、そして運転の役割を果たすように刺激することに資するものであると信じています。 「マーケティング」クリエイティブマーケットのテーマ。