ホーム   /  News   /  市ニュース   /   胡Axiang Tian Yigeは "中国"と述べた
胡Axiang Tian Yigeは "中国"と述べた 2015-03-16

 

中国人として、あなたは「中国」の意味を知っていますか?昨日の午後、天一パビリオンは元王朝の廊下にあり、第100回講堂の講師と南京大学歴史大学胡Axiang教授は、歴史、地理、文化から100人を超える中国までの「中国」についての講義を行いました。多くの人々が本当に理解していないことを観客と多くの訪問者は「中国」について詳しく述べるようになりました。 Hu Axiangの祖先はBeilun Chaiqiaoで、「寧波人」として故郷に戻って講義をすることを非常に嬉しく思い、彼自身の名前を例にして名前のヒントを与えました。私の名前「阿祥」、この名前は一般に陝西省、山西省、チベットではない、人々は南東を見て、名前は地域的です。「胡Axiangの研究では、「中国」の名前は過去を通して複雑です」 1912年に「中華民国」が誕生し、それ以前は「中華人民共和国」と呼ばれる王朝はなく、常に変化する地理的概念、曖昧な文化的概念、開かれた国民的概念とされてきました。今日、中国には多くのタイトルがあり、それらは大きく3つのカテゴリに分類できます。最初のカテゴリー、すなわち国民番号には、明、清時代までは夏、商、周、秦、漢があり、統一王は14の統一王(皇帝)、そして帝国の終焉後は中華人民共和国と中華人民共和国があります。 2番目のカテゴリは、朱夏、華夏、中国、中国、ルアン、九州、慈渓神州などの名前です。 3番目のカテゴリーは、ドメインの外の中国のタイトルであり、最も影響力があり広く使用されているのは、国名および名前のタイトルから派生した漢、唐、中国、および中国です。 Khitanなど