ホーム   /  News   /  政府報告書   /   約100万人が「文化春祭り」を楽しんでいます
約100万人が「文化春祭り」を楽しんでいます 2011-02-11

 

中山広場の赤火の中で新年広場バラエティーショーへようこそ、3階建ての壁の外の3階、美術館、アートギャラリーは長い人々の外で育ち、大劇場は席でいっぱいです...昨日、市内の主要文化施設から記者団が学びました2011年、私たちの街の春祭り文化活動は一般大衆に支持され、都市部だけで約100万人が5回の約1000回の活動に参加しました。春祭りは天候が晴れていたので、中山広場で開催された新春広場のバラエティーショーは、春祭りの間は晴天だったので、飛行時間と宇宙の舞台芸術会社とj江新興芸術劇団の残業を見に行きました。バラエティ番組やユエオペラ「Shuangshi Baotu」、「The Civet Cat for Prince」にはたくさんの人がいて、新年の4日目には2万人以上が観戦し、4日間の公演には6万人以上が参加しました。寧波博物館の「ポーランドの油絵展」が展示ブームのきっかけとなりました、「明モシェンユン - 唐Bohu絵画と書道特別展」、「バルト海の精神 - 19世紀と20世紀のポーランド油絵展」と「明と清の竹展」芸術展は6日間で26,408人の観客を魅了しました。寧波博物館はまた、多くの人々がXiangshanやNinghaiなどの郡(都市)から運転している「Tang Bohu映画とテレビ映画展」、「青年探検体験活動」と「春祭り無料説明サービス活動」を始めました。博物館の外に長い列がありました。 Baoguo寺院、子供たちは新年の間に新年の鐘を鳴らし、図書館は満員でした。寧波美術館の「宝光明梅絵画展」と「ロシア油絵展」には、1万人近くの市民が訪れました。寧波市集団美術博物館、天一亭博物館、図書館、宝Temple寺古建築博物館、清安楼などの展示会が「年のイラストレーション」展、「新年の伝説」を開催しました - 徐Chaolong新年絵画展、「Yu Rabbit Lucky Welcome」お正月、「春の祭りへようこそ、春の祭りを送る」、「月のある学校」、提灯の贈り物、「お正月の呼びかけ」、そして古代の文化的知識の謎やその他の文化的なイベントも多くの市民を魅了しています。訪問者のトラフィックは平日の約2倍です。寧波フィルムシティ、ミンアンスタジオ、タイムズシネマ、ワンダスタジオ、そしてシーインターナショナルシネマの映画館も、春祭りの間に新たな高みに達しました。「新少林寺」、「グリーンホーネット」、「快楽山羊とビッグビッグウルフ」 "パンダの動員"と他の新年の映画は劇場に家族を連れて行くために世間を魅了した、唯一の影の劇場、6日間の興行収入の2つの映画館は90万元以上、初月の初日、興行所で一日の影は12万元、史上最高の新。寧波大劇場、岐阜劇場、寧波コンサートホールで上演されている越オペラ座、「湯唐春」のドラマも席がいっぱいで、低料金の公演は特に老人ファンに人気があります。 (本文中の写真は寧波文化ネットワークの写真です)