ホーム   /  News   /  政府報告書   /   天一講堂は来月から始まる民俗スピーカー「講堂に行きたい」の活動を見つけるためにプラットフォーム上に設置されています。
天一講堂は来月から始まる民俗スピーカー「講堂に行きたい」の活動を見つけるためにプラットフォーム上に設置されています。 2011-02-21

 

市立図書館の3階にある講堂は、かつて李忠天、玉丹、周国などの有名な学術星の天一講堂にあり、今年は一般市民が知識を交換し共有する場となります。昨日、市図書館は正式にそれが選択された人々から "講義室に行きたい"活動を、 "天一講堂、公のクラス"ゲストスピーカーを開催することを発表しました。講堂は5年間で10万人以上の人々に恩恵をもたらしました。2006年4月に、市立図書館は厚生文化講座のブランドとして「天一講堂」を立ち上げました。それ以来、毎週土曜日の午後2時に、特に重要なことがなければ、36歳のChen XinminがCity Libraryの3階の講堂に現れます。 「過去5年間で、天一講堂は私に多くの展望を開いてきました。」市図書館の統計によると、天一講堂の開設以来、約240件が開催されました。講義は文化、芸術、教育、社会、健康、生活そして他の多くの面をカバーします。 "Tianyi Lecture Hall"の表彰台には、CCTVの "Hundred Lectures"のYi Zhongtian、Ji Lianhai、Libo、Li Jingyiなどの有名なマスター、有名な作家Zhou Guoping、考古学者Liu Qingzhu、Guqin master Li Xiangyu、およびGuo Xue master Fuがあります。国内外の著名な学者は、「過去5年間で、このシーンの恩恵を受けたリスナーの数は10万人以上に達しました。」さらに、市立図書館では、寧波文化ネットワークとシティブックスでの講演の日々のビデオ資料も掲載しています。図書館ネットワークや中国寧波ネットワークなどのWebサイト。プラットフォームを下げてフォークスピーカーを探す現在のTianyiの講義は、専門家を招いて講義を行うことで、観客はそれを受動的に受け入れています。 「天一講義は、専門家や学者が一般の人々と意見を共有するための舞台であるだけでなく、市民の間で民俗の知恵を共有するためのプラットフォームでもあることを願います」と市議会の担当者は次の月の初めに紹介しました。天一講堂では、「講堂に行きたい」シリーズを立ち上げます。興味のある読者は、寧波文化ネットワーク(www.nbwh.gov.cn)、寧波図書館ウェブサイト(www.nblib.net.cn)の "Tianyi Lecture Hall"コラム、または毎週土曜日の午後 "days"に登録できます。講義終了後に「講堂」への登録を終了し、「ご意見がありましたら、雄弁でも結構です。」と市立図書館が主催しています。このイベントの登録時間は3月4日から4月9日、競技時間はそれぞれ4月17日と4月24日になり、受賞者は「天一講堂」に搭乗できるようになります。表彰台。 "寧波市立図書館"天一レクチャー私は講堂に行きたい "登録用紙"注:登録用紙に記入して電子原稿の形でhmin@nb7000.netに送ってください。 「私と天一講堂」がエッセイ発表賞を受賞