ホーム   /  News   /  政府報告書   /   「三思考三革新」テーマ教育実践活動の市・文光新局深層展開
「三思考三革新」テーマ教育実践活動の市・文光新局深層展開 2011-02-22

 

2月19日、市文化ラジオ局は、「3つの思考と3つの創造物」の動員会議を開き、「合理的な情熱と中毒性、3つの思考と3つの創造物」 「標準として、我々は「文化都市」から「文化的に強い都市」への飛躍を促進し、より強い文化的事業、より強い文化産業、より強い文化的影響、そしてより良い文化的イメージを達成するよう努める。文化、ラジオ、そしてテレビ出版と出版システムは4つの活動に焦点を合わせます。第一は、「四つの休憩と四つの地位」に焦点を当て、心を解放することについて包括的な議論を行うことです。それは、自己包囲を破り、超越した後に追いかけていく感覚を確立し、昔ながらから脱却し、開発に主導権を握るという意識を確立し、自己満足を破り、一流のための努力感を確立し、イニシアチブから脱却し、努力の意を確立する。二つ目は、「三つの言及と三つの出口」を核として三つの奉仕活動を推進することです。基準を改善し、作業の効率を改善し、サービスの質を改善し、そして実践的な行動で「6加速」戦略的展開の実施を積極的に促進し、そして「文化都市」から「文化の強い都市」への飛躍を促進するよう努めることが必要である。第三に、「三から三強」の要求に応えて、サービス志向型機関の建設が包括的に促進される。それは強いサービスの概念を変え、機能の機能を変え、メカニズムの動的な活力を変え、そしてサービス志向の機関の建設をしっかりと推進することです。 4つ目は「3つの行動」を出発点として、働き方を総合的に強化することです。システム全体の中でスピードアップ行動、前向きな風行動、そして贅沢な行動を組織し、文化的発展において新たな飛躍を遂げるための強力な組織的障壁を提供します。 (寧波Wenguangプレス出版局政治部)