ホーム   /  News   /  政府報告書   /   市、文光新局は「三思想三創作」活動の「五一」展開を実施します
市、文光新局は「三思想三創作」活動の「五一」展開を実施します 2011-02-23

 

市の「3つの思考と3つの革新」活動の動員会議の後、市文化局、ラジオ、映画、テレビの党委員会はそれを非常に重視し、テーマ教育実践活動の実施計画を慎重に計画し、研究宣伝と展開行動を素早く組織化した。 1つ目は組織の設立です。事務局は、党委員会の指導者が率いる「三思想三創造」テーマ教育実践活動のための主要グループを設置し、「三思想三創造」活動を遂行するために指導部と監督局システムを統一した。同時に、政治部、財務部および組織委員会の党委員会の関連部署が設置され、テーマ教育実践活動の日常業務を担当する「三つの思考と三つの革新」の事務所が設置された。二つ目は特別な研究を組織することです。 2月12日、党委員会の事務局長で局長のChen Jiaqiangは、党委員会の「3つの思考と3つの革新」特別教育準備会議の議長を務め、「3つの思考と3つの創作」の仕組みを検討する主な目標と全体的な考え方同時に、市の党委員会の長であるWang Huizhongは、市内の「Three Thoughts and Three Innovations」キャンペーンの動員会議でスピーチを行い、草の根指導者たちにさらに考えを広め、思考を広げ、実用的で実現可能な機能を見つけ、促進しました。成長ポイントを入力してフォローアップし、分類ガイダンスを強化し、市の文化の飛躍的な発展を促進します。三つ目は、一連のフォーラムを開くことです。事務局は、2回の「3つの思考と3つのイノベーション」活動事務計画会議、主なキャリアの調査と分析、およびシステムの「3つの思考と3つの創作」活動の実施措置を実施した。 、ブレーンストーミング、そして様々な部門や文化サービス部門によって提案された成長ポイントの促進によると、分析と統合は、官僚システムの第一級の目標を向上させます。 4つ目は実施計画の策定です。 「3つの思考と3つの創造」活動の実施計画を調整し、策定し、約20の主要な課題と作業目的を明らかにし、経済発展を促進し都市を向上させるために寧波文化の飛躍的改善を促進するそれは味と社会的調和のための強力な文化的支援を提供します。 5つ目は、動員会議を開催することです。近い将来、官僚制の「三思想三創造」テーマ教育実践活動に関する会議を動員し、一元配置を実施し、システムのあらゆるレベルで党組織における「三思想三創造」活動を包括的に推進することを計画している。 (寧波市文化ラジオテレビ出版局発行局政治局)