ホーム   /  News   /  政府報告書   /   文化システム改革は重要な一歩を踏み出す
文化システム改革は重要な一歩を踏み出す 2011-03-01

 

中央プロパガンダ局と文化省、28日の国営ラジオ放送局、そして広報総局は、第11次5カ年計画期間中の文化システム改革の進捗状況を中央外務省主催の文化システム改革の深化について発表した。結果が出され、次の改革作業の具体的な課題が特定された。 4つの部門の担当者によると、特に党中央委員会の大きな注目と強いリーダーシップの下で、中国の共産党の第16回全国大会以来、プロパガンダとイデオロギーと文化の面は文化システムの改革を強化し、文化改革と発展の問題の解決に焦点を当てている。私たちは、政策や施策を改善し、発展のモードを変え、文化システムの改革を大きく前進させ、文化や文化産業の発展に新たな飛躍を実現し、中国の特徴を持つ社会主義文化の新たな道を探り、文化建設の新たな状況を作り出す。中国共産党第17回中央委員会第15回総会で採択された「第12次国家経済社会開発5カ年計画策定に関する中国共産党中央委員会の提案」では、初めて「中国の十二五」期間の章を捧げた。文化改革と開発が展開され、中国の経済社会科学の発展における文化構築の位置づけと役割がますます反映されていることを反映して、公的文化サービスシステムを構築し、文化産業を国家経済の柱産業にすることを促進するという戦略的目標が明確に提示されている。それは私達の党の文化的建築法の理解と理解が新たな高みへと上昇したことを反映しています。中央宣伝部の副所長であるSun Zhijunは、3つの側面から改革の成果を要約した。第一に、文化システム改革の重要なステップと文化科学の発展のための制度的メカニズムの初期形成。国営企業は企業再編において決定的な進歩を遂げ、公的福祉文化単位の内部改革は継続的に深められ、文化的マクロ管理システムの改革は目覚しい成果を上げてきた。第二に、都市部と農村部をカバーする公共文化サービスシステムの枠組みは基本的に確立されており、人々の基本的な文化的権利と利益はよりよく保護されています。重要な文化的Huiminプロジェクトは予定より早く「第11次5カ年計画」を完了し、公共の文化施設は無料で開放されました。第三に、文化産業は活況を呈しており、その規模と強さは急速に高まっています。全体的な規模は継続的に拡大され、文化市場はかつてないほど繁栄し、そして国際的な文化貿易赤字は著しく変化しました。 Sun Zhijun氏は次のように述べています。次のステップでは、科学開発のテーマをしっかりと握り、経済発展モードの転換を加速する本線をしっかりと握り、人々の精神を満たす基盤として社会主義コアバリューシステムを構築します。文化的ニーズは出発点と最終結果であり、文化システムとメカニズムの改革と革新の促進、公的文化サービスシステムの構築のスピードアップ、文化産業の発展の促進、文化製品の創造と生産の指導の強化、社会主義文化の繁栄と発展、そして中国の文化的ソフトパワーの継続的強化国際競争力今年は「第12次5カ年計画」の初年度であり、文化システムの改革を深めるための重要な年です。努力を増し、進歩を速め、統合し、改善し、ブレークスルーに集中し、そして総合的に前進させるために中央政府が提案した「2つのクロス要件」に従って、私たちは文学と芸術アカデミーおよび非時限新聞と定期刊行物の2つの重要分野でブレークスルーを行います。主にテレビドラマの制作に基づく党の出版物の放送および配信システムの改革、ラジオおよびテレビ制作の制作および分離は、企業への主要ニュースウェブサイトの変換を促進し、さらに出版、配信、映画制作および配給の改革タスクを基本的に完了することに基づく改革結果を統合した。現代の企業システムを確立し、中央政府によって決定された文化システムを改革するというタスクを包括的に完成させる。文化システム改革のペースは著しく加速し、改革の効果は現れ続けています。文化副大臣のOuyang Jianは、国営の文学と芸術機関のグループシステムの改革に新たなブレークスルーをもたらし、合計461の国有文学と芸術アカデミーが完成または再編成を行い、46のパフォーマンスグループが舞台芸術市場を繁栄させました。その後のビジネス文化機関は、企業を変えるために有益な試みをしました。厚生文化施設では人事、物流、社会保障の改革が行われ、内部メカニズムの改革が深まり、作業効率とサービスのレベルが向上し、全国で1,700以上の公立美術館と記念館が無料で開館しました。図書館と文化センター(駅)は無料でオープンしています。文化省とその加盟組織の改革は前進し続け、文化市場における包括的な法執行改革の結果は拡大し続けた。ラジオとテレビの改革は新たな進歩を遂げ、ラジオ、映画とテレビ業界は急速な発展と良い勢いを示しています。ラジオ、映画、テレビの国家管理局の副部長であるZhang Haitao氏は、近年、改革を紹介した。国営映画制作ユニット35社、テレビドラマ制作組織70社、地方および市営映画会社204社、映画館293社が企業に転換された。全国の19の州、自治区および地方自治体が州のケーブルテレビネットワークの統合を完了し、9つのラジオおよびテレビ会社が再編成および上場され、強力で競争力のある大規模国有バックボーン企業および企業グループが多数出現しました。ラジオとテレビの改革はさらに促進され、ラジオとテレビの世論指導と社会的影響は著しく改善され、ラジオ、映画とテレビの産業システムの改革は深まり、産業発展は強い傾向を示しました;ラジオ、フィルムとテレビの公共サービスシステムの構築は大幅に強化されました。この地域の人々は映画鑑賞やテレビ鑑賞の問題に耳を傾け、人々の基本的な文化的権利と利益をよりよく保護し、ラジオ、映画、テレビのデジタル化を万全に促進し、伝統的なメディアと新しいメディアの統合を著しく加速させました。報道および出版システムの改革は包括的な進歩を遂げ、ニュースおよび出版業界は大きな発展、大きな変化、そして大きな飛躍を遂げました。広報部の副局長であるJiang Jianguoは、広報出版部の包括的かつ徹底的な改革の後、全国の10万以上の国営印刷・コピーユニットと3,000以上の国有新華書店が公共の福祉出版ユニットを維持するつもりである。中央政府のすべての部署のすべての部署、地域、および大学出版物が企業に譲渡され、1,251の非政治新聞および定期刊行物の出版部が改正され、法人の法人として登録されました。これに基づいて、100以上の新聞グループと出版メディア企業グループが結成されました。 「第12次5カ年計画」期間中、ニュース出版業界の発展様式の変革を促進し、ニュース出版業界の発展様式を変えることによってニュース出版業界の発展を促進するためには、報道システムの改革を深める必要がある。企業改革後の出版システムの更なる革新を導くことに重点を置き、ノンタイム政治新聞や雑誌の出版単位システムの改革を包括的に開始し、ニュース出版会社の共同再編を推進していきます。 4つの部門の長も中国人と外国人ジャーナリストからの質問に答えました。中央宣伝部:「第11次5年計画」期間中、文化省の文化建設革新期間:461の国営大学が完成したか、企業に移管されましたラジオ、映画、テレビの国家管理:できるだけ早く、埋め込まれた広告は法務管理トラックに含まれます。 :1251の非一時的な新聞および雑誌の出版単位が企業に譲渡されました