ホーム   /  News   /  政府報告書   /   スタイルと感情を表示 - 市、文光新局システムは "3月8日"女性の日を祝う
スタイルと感情を表示 - 市、文光新局システムは "3月8日"女性の日を祝う 2011-03-07

 

3月7日、寧波市文化局、ラジオ、フィルム、テレビ報道および出版物の女性労働者が集まり、次の「3月8日」の国際女性の日をさまざまな活動で祝いました。このイベントは、市広報局の女性委員会の委員長であるLi Harman氏と、市広報局の副局長であるZou Daming氏が主催し、市議会Wenguang広報局に代わって事務局の女性同胞が出席しました。休日のご挨拶局のリーダーはまた、寧波博物館教育センター、寧波フィルム株式会社、および寧波フィルムシティ運営部のために「市レベルの女性文明化ポスト」の名誉プラークを授与しました。市広報局の副局長であるZou Damingがこのイベントに出席し、スピーチ局のリーダーたちが3つのユニットに「市レベルの女性文明ポスト」の名誉銘板を贈呈しました。その直後、事務局の職員が自己編集して演奏し、「赤の歌を歌う」をテーマにした文芸公演が明るく高音の「大中華圏」で始まりました。党と祖国を歌い、調和のとれた幸せな人生を歌い、そしてシステムの中で女性の独特のスタイルと色とりどりの文化的な生活を歌うためにカラフルなパフォーマンスを使っています。コーラス、ソロ、歌と踊り、越オペラ、北京オペラ、音楽詩の読書などのプログラムは観客の間で非常に人気があり、ステージは笑いと笑いでいっぱいでした。文学のパフォーマンスの後、局システムの女性スタッフは女性の生活と感情を反映した映画を楽しんだ。音楽の詩は、「遠い中国でやる」女性の合唱団「Da jujube甘くて香りがよい」「現代北京オペラ」「赤軍」の段落「肩に赤い旗を掲げる」歌と踊り「中国を愛する」俳優と観客観一緒に踊って、ステージとステージはつながっています。イベントではまた、事務局の女性労働者によって作られた40以上の美しい布の絵画も展示されていました。