ホーム   /  News   /  政府報告書   /   国務院は、改訂された出版管理に関する規則および視聴覚製品の管理に関する規則を公布しました。
国務院は、改訂された出版管理に関する規則および視聴覚製品の管理に関する規則を公布しました。 2011-03-21

 

規則は9章と74記事で構成されています。規則の制定は、出版活動の管理を強化し、社会主義出版業界と中国の特色を持つ出版業界を発展させ繁栄させ、法律に従って報道の自由を行使する市民の権利を保証し、社会主義的精神文明と物的文明を促進する。規則は、出版活動は人々への奉仕と社会主義への奉仕の方向を守り、マルクス主義 - レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論と「三者」の指導原則を守り、普及と蓄積に有益な科学的発展概念を実行しなければならないことを強調する。経済発展と社会の発展に資する国家の質、科学的および技術的知識を高め、国家の優れた文化を促進し、国際的な文化交流を促進し、そして人々の精神生活を豊かにし、高める。出版活動に従事する場合、社会的利益を最優先にし、社会的利益と経済的利益を組み合わせるべきである。規則は、市民が法律に従って報道の自由に対する権利を行使しなければならないと規定し、すべてのレベルの人々の政府はそれらを保証するべきであると規定しています。市民が報道の自由に対する権利を行使するとき、彼らは憲法および法律を遵守しなければならず、憲法によって確立された基本原則に反対してはならず、そして他の市民の国家的、社会的および集団的利益ならびに合法的自由および権利を害してはならない。規則は、入手した違法容疑者の証拠または報告に基づき、出版物の不法出版、印刷または複製、輸入、流通等を調査および恣意的に調査する際に、出版管理部門が違法行為の疑いのある項目を検査することを規定しています。事業所;違法行為に関連していることが証明されている品目は封印または押収される可能性があります。規則は公布の日から施行する。規則は7つの章と51の記事で構成されています。規則の制定は、視聴覚製品の管理を強化し、視聴覚産業の健全な発展と繁栄を促進し、人々の文化的生活を豊かにし、そして社会主義的資料と霊的文明の構築を促進することを目的とする。規則は、オーディオビジュアル製品の出版、制作、コピー、輸入、卸売、小売、およびレンタルは、憲法および関連する法令を遵守し、人々への奉仕と社会主義への奉仕の方向を守り、経済発展と社会の発展に資するアイデアを広めるべきであると強調しています。 、倫理、科学技術、そして文化的知識。これらの規制は、(1)憲法によって制定された基本原則に反する、(2)国家の団結、主権および領土の保全を危うくする、(3)国家機密を漏らす、国家安全保障を脅かす、または国家の名誉を危うくすることを禁じることを規定しています。 (4)国民の憎しみ、民族差別を扇動し、国民の団結を損ない、または国内の慣習や習慣を侵害し、(5)カルトや迷信を助長し、(6)社会秩序を乱し、社会の安定を損なった。 (8)他者を侮辱または中傷し、他人の合法的権利および利益を侵害し、(9)社会的道徳または国家の優れた文化的伝統を危険にさらす、(10)法律、行政規制、および州規制により禁止その他の内容規制は、州がオーディオビジュアル製品の出版、生産、複製、輸入、卸売、小売のためのライセンスシステムを実施することを規定しており、許可なく、ユニットまたは個人がオーディオビジュアル製品の出版、生産、複製、輸入、卸売、小売またはその他の活動に従事することはできません。本規則に従って発行されたライセンスおよび承認書類は、レンタル、貸与、販売、または譲渡することはできません。この規則は、視聴覚製品事業活動の監督および管理部門およびそのスタッフが偽装された視聴覚製品事業活動に従事または従事したり、偽装されたオーディオビジュアル製品事業部門の事業活動に参加または参加してはならないと規定している。規則は公布の日から施行する。新改正:出版物管理規則(全文)新改正:オーディオビジュアル製品の管理に関する規則(全文)