ホーム   /  News   /  政府報告書   /   文化省、インターネット文化行政に関する暫定規定を改正
文化省、インターネット文化行政に関する暫定規定を改正 2011-03-21

 

インターネット技術の急速な発展と普及に伴い、人々の精神的、文化的生活および社会生活に対するオンライン文化の影響はますます重要になっており、主流文化の重要な部分になっています。しかし、ネットワーク文化の発展には無視できない問題が依然としてあり、主な症状は、優れたネットワーク文化製品の供給不足、有害で下品な情報、不適切なネットワーク管理方法です。ネットワーク文化市場の発展と管理作業の必要性に適応するために、最近、文化会長は令第51号を発行し、インターネット文化管理に関する新たに改訂された暫定規定(以下「規則」という)を発行し、支持を表明した。インターネット文化の管理に関する暫定規定の新改正の実施に関する文化省の通知。 「規則」は2011年4月1日から施行されます。新しい「規制」は、ネットワーク文化の発展のための原則と方向性を明確にしています。あらゆるレベルの文化行政部門が、前向きな姿勢と革新的な精神をもって、ネットワーク文化の特徴と法律についての理解を深め、ネットワーク文化管理の発展における新しい状況を探求し続けることが必要です。ネットワーク文化の構築と管理では、社会主義のコアバリューシステムを積極的に促進し、文化開発の新しい概念を実行し、文化と科学技術の統合を促進し、ネットワーク文化企業と伝統文化企業の双方向アクセスと資源統合を促進し、文化の素晴らしい発展と繁栄を促進します。新しい「規制」は、市場の繁栄と注文規制の両方を考慮して、ネットワーク文化市場の発展の現実から始まり、その優れた特徴は次のとおりです。省略、立場の欠如、および「行政免許法」の要件に従った厳格な管理、第二に、一方では、インターネット文化事業部の承認権限および総合的な法執行機関の管理レベルの分権化、文化省のネットワーク文化を強化一方、マクロ管理は、一方で、草の根文化行政部門の管理上の利点と強みをよりよく発揮し、3つ目は、新しい状況、特定のアクセス、コンテンツ管理、ビジネス規範、およびインターネット文化単位の違法罰のニーズに適応することです。それはより正確でより操作可能であると規定されています。会社によって発行された「通知」は、次の内容を含む新しい「規則」の内容をさらに洗練したものです。第一に、より緊密な経済と貿易関係のための「本土と香港(マカオ)の取り決め」によると。ネットワーク文化市場の審査と承認のための条件と手順は、中国と外国の協力企業がオンライン音楽サービスに従事することを可能にするが、具体的な措置は文化省によって別に規定される必要がある。企業と製品の「ブラックリスト」はネットワーク文化の監督と早期警戒の能力を向上させる; 3つ目はネットワーク文化の基本的な理論と新しい問題に関する研究を行い、ネットワーク文化解説チームと解説の位置を築き、ネットワーク文化の創造、生産と運営の指導を強化する。ネットワーク文化管理の深化と洗練により、ネットワーク文化の市場環境はより標準化され、ネットワーク文化産業はより繁栄するでしょう。新改訂:インターネット文化の管理に関する暫定規定(全文)