ホーム   /  News   /  政府報告書   /   「天一講堂、講堂に行きたい」が日曜日に第1回目の試験を開催しました。
「天一講堂、講堂に行きたい」が日曜日に第1回目の試験を開催しました。 2011-04-13

 

4月17日(日曜日)午後1時、寧波天一講堂は2階の多機能ホールで「講堂に行きたい」という講義を1回開催します。 "私は講堂に行きたい"は、今年3月に寧波図書館 "天一講堂"によって開始された新しいイベントです。以前は、「天一講堂」は主に専門家による講義と市民の意見の聞き取り方をベースにしていましたが、今日では観客が集まって民俗講義を受けることができます。講堂は、専門家、学者、市民が自分の考えを共有するための舞台であるだけでなく、市民の間で民俗の知恵を共有するためのプラットフォームでもあります。創設以来、このイベントは市内の市民から幅広い注目と熱心な支持を受けています。 Wenbaoの専門家、教師、政府関係者、およびその他すべての市民生活の中から、登録することを志願しています。今週の日曜日には、時間通りにテストに参加するために「講堂に行きたい」にサインアップしてください。 (寧波市立図書館)「講堂に行きたい」参加規則と選択基準1.「講堂に行きたい」参加規則1.出場者は抽選で出演順を決定します。10分遅れると棄権します。 2、各参加者のテスト時間は15〜20分です、10分未満が審査員に報告され、20分以上が現場での通知が与えられます。 3.参加者は北京語を使用し、スタンディングスピーチスタイルを使用する必要があり、プレゼンテーションはトピックと密接に関連しています。 4. 4つのグループごとに100ポイントの採点システムが採用され、各競技者のスピーチが終了した後、審査員は採点基準に従って採点され、その合計が競技者のスコアになります。 5.審査員は客観性と公平性の原則を厳守し、採点基準に厳密に従います。 6.審査員はその場におらず、スコアはスタッフによってカウントされ、次の参加者グループがスピーチを終えた後、前の参加者グループのスコアが発表されます。第二に、 "私は講堂に行きたい"採点基準1、スピーチの内容:60点。スピーチの内容はテーマと密接に関係しており、テーマは明確で深遠で、スタイルは前向きで、言語は自然で滑らかであり、そしてそれは本物の感情を持っています。 2.言語表現:20ポイント大きな声、明瞭な明瞭度、標準中国語、適切な会話速度、滑らかな表現と情熱が必要です。プレゼンテーションのスキルに注意を払い、適切に運動する。 3、イメージの態度:10点。きちんとしたきちんとした服、威厳のある、優雅なマナーを必要とし、自然にそしてきちんと行動し、そして精神の精神と精神を反映する。 4.総合印象:10点審査員はスピーカーのパフォーマンスに基づいて総合的なスピーチの質を評価しました。