ホーム   /  News   /  政府報告書   /   市は2011年の違法出版物の集中破壊活動を開催しました
市は2011年の違法出版物の集中破壊活動を開催しました 2011-04-22

 

知的財産権の保護、違法出版の取り締まり、および「ポルノとポルノの削除」という都市の主な業績に対する中国政府の確固たる姿勢を十分に示すために、知的財産権の保護と侵害と違法コピーに対する抵抗を強化しました。 4月22日の朝、寧波市の寧波ブックシティで、違法出版物の違法抹殺が行われました。これは近年、市がポルノとポルノに対して大規模な闘争を行い、多数の侵害および海賊版の製品およびさまざまな違法な出版物を破壊した、集中的な破壊活動です。 242,000件の違法な視聴覚製品、22,000件の違法な電子出版物、59,000件の違法な書籍、12,000件の違法な新聞を含む、合計315,000以上の違法な視聴覚製品、違法な新聞と定期刊行物、および違法な電子出版物が破壊されました。寧波市の反違反および反国民運動のための指導的グループの事務局長、陳Jiaqiang、文化、ラジオ、映画、テレビの寧波市局長、および江東地区の黄河の違反防止のための指導的グループの副リーダーは、出席した。このイベントには、市公安局、市商務局、市市政局、市貿易局、寧波税関、その他の有力グループ、そして江東区の文化、公安、産業と商業の各メンバーの指導者たちも出席しました。市の管理および同志に責任がある他の関連部門。近年、中央および州および地方自治体の党委員会および政府の指導の下、市のあらゆるレベルの法執行部門が、規範の是正および指導の促進のために、ポルノおよびポルノグラフィーの撲滅のための努力を効果的に高めるために全党の努力を慎重に組織した。文化、公安、産業および商業、都市管理、税関の各部門が密接に協力し、侵害や違法コピー、さまざまな違法な出版物を取り締まり、驚くべき結果を達成しました。特に、2010年には、上海万博の保護などの主な活動に焦点をあて、携帯電話、インターネットの俗悪、有害な情報、海賊版のオーディオビジュアル製品との闘いに焦点を当てた「反逆および反著作権侵害」キャンペーンの第一段階が集中しました。 「ポルノとの闘いのクリーンアップ」の第2段階では、文化的環境の浄化、海賊版の書籍や海賊版映画、テレビシリーズとの闘いを中心とした「反著作権侵害とポルノ」の第3段階で、規範的な活動を修正する。あらゆる種類の違法出版物の蔓延を効果的に抑制し、さまざまな種類の侵害行為および海賊行為を効果的に取り締まり、知的財産権の保護、出版物市場の秩序の調整、および文化市場の健全な発展の促進に積極的に貢献しました。 (寧波市文化、ラジオ、映画、テレビ出版および出版局文化市場管理事務所)