ホーム   /  News   /  政府報告書   /   6人以上の大人は自由な博物館が「5月1日」の余暇のためのよい場所であることを考える。
6人以上の大人は自由な博物館が「5月1日」の余暇のためのよい場所であることを考える。 2011-04-27

 

4月23日、江蘇省連雲港で「美術館コレクション宝物展」が公開されました。 5月1日の休日のCFPはもうすぐです。人々はどのような休暇を選択しますか?先週、1765人の人々にChina InternetとSohu News Centerを介してChina Youth Daily社会調査センターによって行われた調査は、6人以上の成人(62.9%)が自由で開かれた博物館は休日に良い場所であると考えていることを示しました。私は "5月1日"の間に私の家族に会いに行きました。現在、全国で1,700以上の公共美術館と記念館が無料でオープンしています。このニュースは北京の大学、Zeng Jingyiからの学生を幸せにしました。休日の訪問者の数が多いにもかかわらず、彼女はまだ待望の美術館に行くことを選びました。 「美術館の雰囲気がとても気に入っています。行く時間はありません。時間があります。時間があるので、順番に並んで待つことにしました。」調査によると、33.4%がメイデーに美術館に行くと言っています。 32.7%が「行かない」と答え、33.9%が状況によると答えている。復旦大学のHe Wei氏は、次のように述べています。しかし、彼は、博物館が無料で一般に公開されることが賢明であると感じます。「博物館は、政府によって提供される公共サービスとみなされるべきです。それは請求されるべきではありません。」重要な部分です。たとえば、父親の子供たちが美術館を訪れたときの深刻でかわいい質問に、私は展示物を真剣に見ている女の子から目をそらされるでしょう。首都博物館のオープン管理部門の副所長であるTian Baoyuan氏は、首都博物館は自由に開けることができると指摘しました。全体の受信量が増加傾向を示した後、低所得グループの数は大幅に増加しました。休日の日のピークは春祭りの間に達した約10,000人です。週末のレセプションの数はおよそ5,000人で、通常は3人か4千人がいます。清明フェスティバルでは、日本人訪問の最大数は約8000人でした。 「予約数も大幅に増加し、旅行代理店とチームの増加がより明白になりました。今年4月10日には、同じ日に117の旅行代理店チームがありました。」「月曜日は美術館休館日ですが、休日は月曜日を満たしています。 「閉鎖はありません。」Tian Baoyuan氏は、通常、予約数に限りがあるため、休暇の間は全員のニーズを満たすように最善を尽くしますと述べました。 1日、最近は同じ日に予約をするように調整しましたまた、休日には、展覧会、教育用インタラクティブプロジェクトなど、子供や学生グループに関連する活動を行うことにしています。自由で開かれた美術館は休暇には最適の場所ですが、22.2%の人々が反対の考えをしています。 5月1日の休日の予定は?回答者の選択は、訪問家族(50.3%)、旅行(42.8%)、自宅での訪問(41.3%)、クラスメートとの会談(32.7%)、書店やバブル図書館の訪問などでした。 (21.4%);ドラマを見たり、コンサートを聴いたり(6.2%)、など「普通の生活のペースは速く、学者や家族に注意を払うエネルギーはないので、多くの人々は家族の補償に休日を利用したいと考えています。」しかし、大学院への入学試験、海外への出国、仕事探しなどのプレッシャーのため、北京から帰国する人は多くありません。広東省珠海市で働く胡主席は、「結局のところ、3日間の休暇しかないし、途中で遅れるのは無駄だ。誰もが戻りたいと思っている。彼らが間違いなく家に帰る」と語った。あなたが家に帰る時間があるなら、あなたの家族にいくらかの暖かさを持って来れば、あなたはあなたの仕事の動機を取り戻すことができます。これは最高のホリデーギフトと収穫です。 「5月1日」の休日、誰に行きますか?調査によると、回答者の62.6%が両親を訪問すると回答し、15.5%しか祖父母を訪問すると回答していません。その他のランキングは、クラスメートと友達(35.6%)、親戚(25.7%)、自分の兄弟姉妹(25.0%)、子供(12.0%)、そして教師(7.1%)でした。祖父母に会いに行かないのは、祖父母の家が家から遠く離れているため、小さな休暇中は訪問しないことが多いのですが、春祭りや冬休みの前になるというインタビューもありました。見に行きます。メーデーの休日に注意すべきことは何ですか。この調査では、75.1%が「休息、運動」を好み、63.9%が家族と一緒にいることが最も重要だと考え、43.2%が友人との接触を増やすことを選び、32.2%が自分の文化に注意を払うべきだと考えました。改善する