ホーム   /  News   /  政府報告書   /   寧波市の3番目の全国読書月間が始まりました
寧波市の3番目の全国読書月間が始まりました 2011-05-09

 

昨日の朝、寧波市の第3回全国読解月間が寧波ブックシティで正式に開始され、2011年全国読解活動も開始されました。市党委員会常任委員会の委員長であり、市人民会議常任委員会の副部長であるZhuo Xiangyu、CPPCCの副市長であるHua Changhui副議長であり、かつ前のCCTVの主催式典に出席したNi Pingの出席。昨日の朝、寧波市の第3回全国読書月が正式に寧波市ブックシティで開会式の開会式の開会式の開会式、市党委員会の副市長とプロパガンダ局の副大臣、そして寧波人民大臣の大臣100人が発表されました。 、2010年、国民のための先進的な読書活動、全国の読書優れたプロジェクト、そして「本と人生」の読書エッセイコンテスト受賞者。党の創立90周年と1911年革命の100周年を記念して、今年の全国的な読書活動のテーマは、「読書、賢明、そして発展」であると宣言されています。 "、" Shuxiang Mancheng "、および" Happy Book Boy "は、文化的利益に重点を置き、文化的卓越性を生み出す、60以上の都市レベルの活動をデザインしました。さらに、各郡(市)地区は190人以上の読書活動を手配し、人々全体の参加を達成し、地域文化ブランドを創造するよう努めています。一流のゲストは、2010年の寧波市の全国読書活動の先進的なユニットの賞を授与し、全国の読書活動を行うために郡の文化的な壁を訪れました寧波ホリデーブックフェアは、豊かな読書環境に満ちていました。チャイナニンポーやチャイナモバイルのeリーディングとモバイルリーディングブースから、彼らは熱心な読者でいっぱいになります;都市の様々な郡(都市)ですべての人々の読書活動の成果を見直す文化的な壁は多くの市民の注目を集めました。科学技術協会の本の前には、1,000部以上の人気のある科学書が世間に求められ、すぐに配布され、長い文章の「文明と一緒に歩きました」という巻物が見物をやめさせるために多くの市民を魅了しました。地区のユースパレスの子供たちは灼熱の太陽の下でインクのしぶきを振った、彼らはバス上のバスの写真、横断歩道の文明化された礼儀、そして献血、そして多くの市民たちが触れた集中読書を撮った。 2008年以来、毎年5月の間に市内で読書活動が行われており、毎年200種類以上の読書活動が開催されており、「王英林読書祭」、「牙暁読読書祭」、「陳漢張読書祭」があります。読書活動への参加者数は数百万人に達し、すべての人々の読書活動、そして様々な種類の図書館、農家、職員院の建設が強化され、国家出版出版局と中央文明委員会から好評を博しました。表彰40人以上の子供たちが「文明を歩きながら」書道絵画を描きました。チャンファン市科学技術協会は大衆に人気のある読み物を発表しました。携帯電話の読書ブースの読者は熱心な読者でいっぱいです(寧波図書館)。良い本の100種類は "中古の本交換プラットフォーム寧波休日の本市場がオープンしたことを発表した、本の完全私たちの街をさせて:勝者は幸福についての人気王Qianwen zhongyiの署名に署名