ホーム   /  News   /  政府報告書   /   私たちの街で開催される全国農村文化市場経営実務交流会および全国文化市場総合法執行委員会
私たちの街で開催される全国農村文化市場経営実務交流会および全国文化市場総合法執行委員会 2011-05-30

 

5月24日から27日まで、全国の農村文化市場管理実務経験交換会議と全国文化市場総合法執行作業会議が開催されました。党集団の副長官で文化省の副大臣である欧陽建が会議に出席し、演説を行った。党グループの書記長であり、文化省の局長であるYang Jianxinが会議に出席し、市党委員会の常任委員会およびプロパガンダ部門の大臣であるSong Weiがスピーチを行い、会議は文化省文化市場局の局長を務めました。会議では、欧陽建国は近年の全国農村文化市場管理作業の成果を確認した。一方では、すべての地域が積極的に市場実体を育成し、市場規模を拡大し、地域文化に基づいて、農村文化市場の特徴を持つ文化製品を生み出す市場指向の運営方法を導入し、制度革新を強化し、産業の自己規律を促進し、農村文化市場環境を最適化する。一方、地域の状況と革新的なメカニズムに従って、我々は積極的に農村文化市場監督モードを探求し、4つの効果的な管理モードを形成した:包括的な法執行隊の編成、文化ステーション管理の委託、包括的な管理の実施、および細分化の実施。同時に、会議では、欧陽建はまた、現在の農村文化市場管理作業が直面している新しい状況を分析し、全体的な計画と科学の発展、包括的な管理、調整と調整、地域の条件、および分類ガイダンスを遵守することを地元の文化部門と包括的な法執行機関に求めた。焦点を移し、土地を管理するという4つの原則。 Ouyang Jianは最後に、地元の文化部門と総合的な法執行機関が彼らの働き方の改善とサービス意識の向上、法執行行動の標準化、行政責任の強化、訓練の強化、監督システムの改善、様々なシステムの改善、強化を求められるべきだと強調した。文化市場における包括的な法執行業務、文化市場における包括的な法執行チームのスタイル構築、イメージ構築、および能力開発を包括的に推進し、さまざまな文化市場の監督業務を完全に引き受けるための協調的かつ秩序ある包括的な法執行業務運営メカニズムを確立する。会談中に、CPC寧波市委員会の長官であるWang Huizhong氏と副市長のChen Yujun氏がそれぞれ文化省の首脳と会談し、市文化局、ラジオ、映画、テレビの局長である市の文化市場管理業務について報告した。市の農村文化市場管理業務は十分に確認されています。浙江省、江蘇省、福建省、湖南省、四川省、重慶、甘粛省などの8つの省(市)文化省または郡、郷党委員会、市の文化放送およびテレビ出版・出版局を含む政府、北Yu区大屯街、余姚市市馬12の町の代表者は、農村文化市場の管理におけるそれぞれの有益な実践と高度な経験を紹介しました。会議中に、参加者は北京のBeilun地区のDatun StreetとYuyao CityのMazhu Townの農村文化市場を訪問して調査し、農村文化市場の管理と包括的な法執行作業について激しい議論をしました。 (寧波市文化市場行政法施行隊)