ホーム   /  News   /  政府報告書   /   最初の全国的な水中文化遺産保護訓練クラスが始まった「水中黄浦」の新しい力を養います
最初の全国的な水中文化遺産保護訓練クラスが始まった「水中黄浦」の新しい力を養います 2011-06-14

 

6月14日、寧波に「第1回全国水中文化遺産保護訓練コース(考古学)」が大々的に開かれました。文化遺産、国立水中文化遺産保護センターの請負業者、考古学の寧波大学、アモイ大学の考古学研究センターと文化遺産の青島海洋管理の国家管理が主催するこのトレーニングコースは、共同で協力します。国家文物局のメンバー、トンMingkang、文化の浙江省省の強い、次長オフ文化遺産の保全と考古学部門の国家管理の副ディレクター、省文物局Baoxian倫、寧波市の副市長、チェン越チョン、中国文化遺産のディレクターディーン、国家の水中文化遺産保護センター劉曙光、チャン魏の国立博物館の次長のディレクターは、プレスのディレクターと寧波市Chenjia江と他の指導者の出版局は、開会式に出席しました。チェン越チョン、寧波、浙江省と国立水中文化遺産保護センターのスピーチ、すべての学生に代わって数話すの考古学の寧波研究所からのレイの研修生、トンMingkang、次長の代わりに、それぞれ副市長劉曙光Baoxian倫取締役社長、最後のスピーチを行い、「水中文化遺産保護の開発の責任を開始する」の最初のレッスンについて講演すること。全国の水中文化遺産保護青島基地、武漢基地の代表者、そして全国各地からの研修生、コーチ、スタッフが開会式に出席しました。開会式では、国家文化遺産局の党委員会と国立文化遺産局の副所長のTong Mingkangがスピーチを行い、浙江省文化局の副局長と省文化遺産局の局長が演説を行った。劉曙光、水中文化遺産保護センター講演「初の全国水中文化遺産保護の研修コース(考古学)」プログラムのサブダイビングスキルのディレクター、3ヶ月の期間の3つの段階で理論と実践の考古学、1段目のダイビングのスキルを学びます訓練は寧波水泳訓練センターと湘山漁島諸島で6月から7月まで開催されます。トレーニング中、北京、浙江省、山東省、福建省、広東省、湖北省、江西省、遼寧省、海南省、重慶から22人の研修生や他の10個の省や都市を選択した後、水システム、オープン海とアドバンストオープンウォーターの理論的な指導を限定されますダイビングのトレーニング、およびナイトダイビング、​​写真撮影、緊急応急処置、レスキューダイバー、高酸素コースなどのダイビングスキルを専門とする。国家文物局のメンバー、トンMingkang、開口部の次長は、レイ市文物考古学研究所とパイプ市魏二人の若いビジネスにおける象山県のオフィスの小都市を送る、すべてのスタッフの写真の最初のクラスのシーンの最初のクラスの開口部を基調講演事前選択研修を通してバックボーンが正式にリストに入っている、彼らは訓練を通じて、中国の水中文化遺産保護の新しい力になるだろうが、また、水中文化遺産保護の専門家の都市に国の最前線に残ります。長年にわたり、市は常に水中考古学と水中文化遺産保護の専門家チームの訓練と建設を非常に重視してきました。 1998年5月以来、市はさまざまなレベルのトレーニングに参加するために優秀な若手ビジネスのバックボーンを連続して選択してきました。システム訓練と職業訓練を通して、現在1人の水中考古学者(国内6人)と1人の水中考古学者(合計9人)を含む7人の水中考古学者(9人は浙江省)がいます。名前)、60から80メートルまで深く潜水できる4人のテクニカルダイビングプレーヤー(国内16人)、2人のクローズドベンチレータダイバー(10人)、2人のテクニカルレックダイバー(14人)、 2人の水保護および文化遺物保護要員があり、専門の訓練要員および専門の才能の数は国の最前線にランクされていますこれらの優秀な才能は次第に中国の水中保護遺産の重要な力になりました。考古学研修生レイの寧波研究所は少ない研修生は考古学クエストの数女子生徒の一人で水中考古学コースのメディアからインタビュー全生徒を代表して話します