ホーム   /  News   /  政府報告書   /   公共文化サービスシステムのデモゾーンの作成を導くために「脳を借りる」ために大学の専門家に
公共文化サービスシステムのデモゾーンの作成を導くために「脳を借りる」ために大学の専門家に 2011-06-23

 

最近、in州区政府と「浙江省公共文化サービス研究センター」は5年間「協力協定」を締結しました。これは、zhou州市における公共文化サービスシステムの構築を促進することにおける双方の間の協力が正式に形成されたことを示します。地区政府もまた、研究センターの最初の戦略的パートナーとなっています。浙江省公共文化サービス研究センターは今年5月に設立され、杭州師範大学に位置し、杭州師範大学の主な研究拠点であり、主に杭州師範大学の教育と研究の強みに頼っています。サービスの理論的研究、実践的探査および人材育成。 hen州区政府と研究センターの間の長期的な協力関係の確立は、大学の専門的資源の助けを借りて公立文化サービスシステムの構築を実行するために地方自治体に理論的支援と意思決定の参考を提供することです。協力協定は毎年銀州区政府が研究センターに一定量の研究資金を支払うことを規定しており、研究センターはpublic州区政府の支援を受けて国家公民文化サービスシステム実証区の建設を遂行し、地方文化ホールシステム設計の研究プロジェクトを遂行する。地区の公的文化サービスシステムの構築の実践が研究され、建設的な意見や提案が提供されます。 (hang州区文化、ラジオ、映画、テレビ出版および出版局)