ホーム   /  News   /  政府報告書   /   2人の平和的な民主的講演者が「天一講堂」に入った
2人の平和的な民主的講演者が「天一講堂」に入った 2011-07-11

 

7月9日には、寧波図書館の「天一講堂」が初めてピンミンの客を迎え、6代目のレッドギャング、上級コスチュームテクニシャンのJiang Jiming、そして歴史文化研究者のZheng Chunfangが「私は講堂に行きたい」に参加しました。私立講師の選抜コンテストで際立った受賞者は、Yi ZhongtianとQian Wenzhongが一度話した段階で、民衆の知恵に満ちた演説を一般に発表しました。講義ではJiang Jimingがライブデモンストレーションを行い、9:00頃にJiang Jimingが説明とカットの説明をし、Jiang JimingはHaiyan Shengfeng Communityのプラットフォームの "Tianyi Lecture Hall"に行きました。プルーフ「夏だね、夏服をいくつかあげるよ」江氏は紙とハサミを取り出し、折り紙校正のテクニックを説明した。ノースリーブのドレスは皆の目の前にあります。 2時間近くの講義で、江さんは観客のために子供服やベストのための5つの折り紙防止服を見せ、1:1の比率で優雅なドレスも作った。講義終了後も、折り紙校正のスキルと要点について多くの聴講者から質問がありました。午後2時、歴史文化研究者のZheng Chunfangは市立図書館の講堂で「Daru Wang Yinglin」に関する講演を行いました。彼は河南省出身ですが、鄭Chunfangは常に寧波の歴史と文化に興味を持っています。彼は言った: "私は天一の講堂を心配しています。私は講堂に行きます。民俗スピーカーの選抜コンテストの開始後、私はすぐに申し込みました。私はこのプラットフォームに乗れることを期待しませんでした。私は非常に光栄に思います。" "ダル王Yinglin"多くの読者は "講義室に行きたい"という記録を聞いて、今年3月に市立図書館 "Tianyi Lecture Hall"によって開始された活動で、観客から主な講演者に向けられるようにしています。第1四半期には、合計7人の受賞者が集まり、次に毎月1人が「天一講堂」に招待されます。 7月末には、 "私は講堂に行きたい"が第2シーズンを開始し、より多くのフォークスピーカーを見つけるためにプラットフォームを置き続けます。 (寧波市立図書館)