ホーム   /  News   /  政府報告書   /   寧波図書館は「全国読書デモンストレーション基地」の称号を獲得しました
寧波図書館は「全国読書デモンストレーション基地」の称号を獲得しました 2011-10-31

 

10月26日から27日まで、文化省主催の「2011年中国図書館年次総会と中国図書館協会年次総会」が貴陽で開催され、寧波図書館は中国図書館協会から「全国読書実演基地」を授与されました。 "タイトル、これは寧波図書館が中国図書館協会による"全人民のための読書のための高度な単位 "賞を受賞し、その創造的で、深くそして永続的な読書活動で再び認められた2年連続です。寧波図書館は、中国図書館協会から「全国読書実演基地」の称号を授与され、2005年に中国図書館協会によって設立された全国で合計18の図書館が「全国読書実演基地」と名付けられた。 (2回含む)Outstanding Organization AwardまたはAdvanced Unit Awardを受賞したユニットは、「National Reading Demonstration Base」という名前で申請できます。図書館新聞が主催する年次総会の特集号で、中国図書館協会は、寧波図書館が図書館の大部分を引き付けるための多様で個性的なサービスを開始したことを報告しました。読者とブランドを通じてサービスを向上させます。近年、寧波図書館は「公共福祉、開放性、平等化、そして人々に利益をもたらす」という奉仕理念を遵守しており、「Shuxiang Ningbo」の建設、特に「天一講堂」の講義、活動、展示会などを積極的に行っています。講義の発展と全国の読書促進活動は一般の人々からも歓迎され、すべての人生の歩みから幅広い評価を受けました。 「天一講堂」は寧波図書館の読書と宣伝活動のハイライトとなっており、様々なトピックに関する公衆福祉講義は一般市民が講義を楽しみ、新しい知識を楽しむことを可能にします。寧波図書館は、さまざまな年齢層や知識構造の読者を対象とし、さまざまな読書フェスティバルやテーマ読書コンテスト、読書の認識など、社会全体がより多くの本を読んで読むことを奨励する活動を企画しています。さらに、寧波図書館は、自動車図書館、児童書漂流、携帯図書館、オンライン図書館、「ワンカード」借入、オンライン借入およびその他の形態のサービスなど、さまざまな形態のサービスを通じて「15分の読書サークル」を積極的に創設しました。文化資源はすべてのコミュニティ、村、学校、島、そして山岳地帯の隅々に送られ、街で読書をするための豊かな雰囲気を作り出し、それによって人々全体が深く読むことができます。賞サイト(寧波市立図書館)