ホーム   /  News   /  政府報告書   /   寧波での全国水中文化遺産保護セミナー
寧波での全国水中文化遺産保護セミナー 2011-11-02

 

11月2日には、浙江省文化財局が共催する国家文化遺産管理局と国家海洋局が共催し、国家水中文化遺産保護センターと寧波市文化局、ラジオ、映画、テレビが共同で国家水中文化遺産保護寧波基地を主催しました。 「全国水中文化遺産保護セミナー」が寧波で開催されました。 Q強、文化遺産保護および考古学国家管理局の考古学局長、黄元、国家文化遺産管理局の党委員会副委員長、周idi州人事局の副局長、呉Zhiqiang、浙江省立市省人民局のメンバー開会式には、寧波市文化放送局局長のCheng Chengyue Chong、副局長のMeng Jianyaoなどの指導者のChen Jiaqiangが出席しました。開会式は黄元が主催し、チェン・ユチョン、呉志強、周杰、Guan Qiangがそれぞれ寧波市、浙江省、国家海洋行政局および国家文化財局に代わってスピーチを行いました。北京、遼寧、天津、山東、江蘇、上海、浙江、福建、広東、広西、海南およびその他の沿岸省ならびに市の文化遺産システムならびに海洋および海事システムセミナーの50人以上の代表が開会式に出席し、今後も継続します。 5日間の講義、セミナー、スタディツアー。全国の水中文化遺産保護セミナーが寧波で開催されました。このセミナーは、2010年11月22日に北京で国家文化財局と国家海洋局が「水中文化遺産の保護に関する協力に関する枠組み協定」を締結して以来、両国が初めて共同で開催したハイレベルセミナーおよび交流イベントです。協力のためのプラットフォームを構築し、好条件を作り出すことで、中国の水中文化遺産保護と海洋産業の発展を共同で推進すると同時に、今年6月に開催される「第1回全国水中文化遺産保護(考古学)研修コース」でもあります。国家文化遺産局は、寧波で開催された別の全国的な水中文化遺産保護訓練イベントを選択しました。これは、市内の水中文化遺産の保護に対する国の認識と信頼を完全に反映していました。その組織は全国的な海洋開発戦略をさらに実行するために寧波、浙江、そして全国の様々な地域や部門に重要な指針を提供し、寧波、浙江、そして国内のすべての地域と部門の水中文化遺産をさらに保護するために積極的な努力をする。促進しなさい。訓練期間中、ソンXinchao、国家文化遺産の保護と考古学部の局の文化遺産の保護と考古学部の局長、国家水中文化遺産保護センターのディレクター、劉Shuguang、党総理、副総理大臣と国務省副理事長チームの副責任者であるSun Shuxianと、国家海洋局海洋開発戦略研究所の副責任者であるJia Yuがセミナーに講演します。講義は「文化遺産保護入門」、「水中文化遺産保護のための国際条約」、「中国の水中文化遺産保護の概要」、「海洋へ」、「国際海洋法の基本制度」などで行われました。水中文化遺産保護の意識と作業レベルをさらに向上させる目的で、水中文化遺産保護の国際条約と海の法についての知識を解釈し、水中文化遺産の保護と海洋文化の構築に関する経験と実践を学び、交換する。将来的に中国の水中文化遺産保護事業の健全で持続可能で協調的な発展を保証すること。 (寧波市文化財考古学研究所)国家文化遺産局と国家海洋局の水中文化遺産保護協力の枠組み合意は、科学的発展の概念を徹底的に実行し、中国の国家海洋文化を促進し、効果的に水中文化遺産の保護を強化することです。国家文化遺産管理局と国家海洋局は、水中文化遺産の保護に協力し、共同で水中文化遺産保護の健全な発展を促進することに合意しました。 I.水中文化遺産保護戦略と計画国家文化遺産管理局は、国家海洋局およびその他の関連部門と共同で、水中文化遺産保護計画の作成を計画します。国家海洋開発戦略と関連計画を策定する際に、州海洋局は文化遺産部による水中文化遺産の保護に関する意見と提案を完全に吸収しました。双方は共同で、新興の海洋産業として、水中文化遺産に関連する海洋文化観光を海洋経済開発計画に統合することを促進しています。 2.水中考古学・文化遺産部は、海洋考古学研究計画を立てる際に、海洋考古学部が水中考古学部の支援をすることができるように、タイムリーに海洋部に通知するものとする。海洋セクターは、水中遺跡の安全性と安全性を向上させるために、文化遺産部門が主催する水中考古学的作業のための製油所海洋予測および海洋災害警報の詳細なサービスを提供しています。水中の考古学的作業が緊急事態に遭遇すると、海洋部門は考古学的チームに必要な援助を提供します。双方は、水中考古学、水保全、保全および保全に必要な海洋技術協力に関する研究を実施します。 3.水中文化遺産管理文化遺物部は、海洋海洋遺産の埋葬と保護に関する情報を海洋部に提供し、海洋部はそれをあらゆるレベルの海洋機能地帯で識別します。文化遺産部が3か月以上海域を使用する必要がある場合は、できるだけ早く海域申請を申請し、3か月未満の場合は、地方自治体レベルの海洋部に提出し、海洋部は海上使用を保証する必要があります。海洋工学、海洋投棄などを承認する場合、海洋部は審査と承認の前に文化遺産部の意見を求め、あらゆる種類の海洋開発活動が水中の文化遺産を引き起こさないようにすべきです。破壊4.水中文化遺産保護双方は、共同で水中文化遺産保護情報共有メカニズムを確立し、水中文化遺産調査、監視、保護および水中考古学に関するデータを適時に反対側に提供し、共同で水中文化遺産の三次元動的監視を実施する。モニタリング双方は、水没物質保護区、水と文化遺跡保護区、および海洋特別保護区の保護の間の交換と協力を強化し、水中文化遺産を含む海洋史跡および文化遺産公園の設立を探求し、水中文化遺産の展示と利用に協力した。仕事します。 5.水中文化遺産法執行当事者は、水中文化遺産を盗みそして破壊する違法行為を調査し対処するために、水中文化遺産の共同法執行を定期的または不定期に実施するものとする。海洋局は、水中文化遺産の保護を海上監視の法執行の重要な部分と見なし、適切な情報をタイムリーに文化遺産部に通知します。双方は共同で水中考古学的安全地帯に関する研究を行い、将来的に関連する管理システムを策定するための基礎を築いた。 VI。水中文化遺産保護の国際協力と保護国連海洋法条約の枠組みの下で、双方は、水中文化遺産保護条約に関する国際交渉、二国間国際交流および台湾との協力を調整する。海洋権の闘争における水中文化遺産の歴史的役割の収集、照合および研究VII。海洋文化の構築は、共同で研究を強化し、中国の海洋文化を促進し、反対側で開催される「文化遺産記念日」、「世界海洋記念日および国家海洋宣伝日」などの活動に積極的に参加します。陳内容。 VIII。協議と日々の連絡メカニズム州文化遺産管理局と州海洋管理局は協力的な連絡メカニズムを確立し、関係者が随時会合して水中文化遺産保護に関する特定の作業を交渉し、実施している。この協定の未決定事項に関しては、両当事者は、友好的協力の原則に関する協議および合意の後、関連作業を行うものとします。この枠組み協定の精神に従って、沿岸地域の文化遺産および海洋部は、その地域の特定の協力事項について合意するための協力メカニズムを確立することができる。