ホーム   /  News   /  政府報告書   /   都市部と農村部の住民は、オペラを見て楽しませるために本を借りる。
都市部と農村部の住民は、オペラを見て楽しませるために本を借りる。 2012-10-08

 

昨日の午後、寧波図書館の入り口にある透明なガラスの窓に、さまざまな数の本が積み重ねられ、コンソールの片側には図書館のカード入れ、本の出入り口、そしてコンピューターのタッチスクリーンがありました。この24時間営業のセルフサービスライブラリでセルフサービスの借り入れをしている中学生数人が、ブックカードを使ってATM機に接続し、関連する操作を行い、すぐに本を借ります。 24時間体制のセルフサービスの図書館の設立は、便利な文化的サービスを創出するための街の取り組みのほんの一部です。過去10年間で、市がより洗練されたものになるにつれて、市の公共文化インフ​​ラは田舎に広がり続け、すべての郡(市)は文化センターと図書館を建設し、すべての町(町)と通りは総合文化ステーションを建設しました。 95%以上の村で文化活動があり、「毎日の読書」、「毎日の公演」、「毎日の音楽」を中心とした「毎日シリーズ」の文化サービスシステムが形成され、現在6つの国籍があります。先進文化地区(郡)では、草の根が15分で文化活動によって提供されるサービスを享受し、最初に都市部と農村部をカバーする「15分の文化活動サークル」を構築することができます。近年、市は政府の調達努力を継続的に増加させて、深く発展するために「毎日のパフォーマンス」を促進しました。 10年前に市の「数千の映画を田舎に」キャンペーンが始まり、毎年60以上の映画上映チームと30以上のプロの劇場グループが農村地域で活動しています。 「映画」と「1年間にドラマを上映する1つの村」の目標は、過去10年間で20万本以上の映画を田舎に送り、地方では2万人以上にドラマを送ることでした。政府が優雅な公演に助成金を支給するので、住民も低コストの公演を見ることができますまたいくつかの劇場は学生、出稼ぎ労働者、そして低所得世帯の家族に無料のチケットを提供します。私たちの街では、 "毎日を読む"市民はもはや夢ではありません。市内でも国でも、市民は近くの図書館を見つけて本を便利に借りることができます。継続的に新しい図書館を建設する過程で、市は本の流れを革新し、本の利用率を向上させています現在のところ、すべての公立図書館は移動式図書館車を装備しています。 9月18日、市立図書館は24時間営業のセルフサービスの図書館も開設しました。市内にはマルチメディア図書館、天一講堂もあります。 2006年4月に寧波図書館によって開催された講堂は、「プラットフォームをつなぎ、知恵を鼓舞し、人類の精神を伝え、寧波の文化を広める」という理念のもとに開催されます。社会集団が送ります。過去6年間で、毛沢、、小ux、銭文中、Y Yなどの60人以上の有名な芸術家が天一講堂に参加しました。市内では、毎年500以上の文化展示会、文化研修、文化講演会が開催されており、500以上のさまざまな文化公演や文化祭が開催されています。近年、市は第7回中国芸術祭支店、海洋シルクロード文化祭、農民映画祭などの一連の主要文化イベントを連続して開催し、徐々に寧波の特徴を持つ文化ブランドを形成しました。 「毎日の音楽」は、市内の大衆が公共の文化活動の中心となっており、市内には1万人を超えるアマチュアの文化芸術チームが設立されているという事実からも明らかです。北京大学の教授であり、国家公的文化サービスシステム構築専門家委員会の副所長であるLi Guoxinは、過去10年間にわたり、科学的発展の概念の確立と急速な経済発展が寧波の公的文化的事業の繁栄の強固な基盤を築いたと語った。文化的サービスの時代は模範的な価値を持っています。