ホーム   /  News   /  政府報告書   /   農家の書店を香り高く保つための図書館の一般的な支店システムの構築
農家の書店を香り高く保つための図書館の一般的な支店システムの構築 2012-10-11

 

Yu Ronghuaは、寧波市北District区の最も離れた山村であるBaifeng TownのShuangyu村の農家の書店管理者で、東へ1キロです。毎朝8時、彼は80歳近くだったとき、彼は早く本屋のドアを開けました。 Shuangyu Villageには約70平方メートルの農家があり、中にはテーブル、椅子、本棚、新聞クリップがあり、暑い日には村人を冷やすための扇風機もあります。書店は元の田舎のオフィスに建て直され、その隣には30平方メートル以上の視聴覚室があり、古新聞や定期刊行物を保管したり、村人に視聴覚資料を見させたりするために使用されています。 2000年以来、Yu Ronghuaは村の古い図書館を管理していましたが、当時の図書館の面積は30平方メートルと3,000冊で、農家の建設後はハードウェア設備だけでなく、5000冊と50冊の雑誌に増えました。 。通常毎日10時ごろ、農作業を終えた村人たちが勉強して新聞を読むようになりました。今日は特別な状況で、9時過ぎには誰かが書店に来て、小さな図書館が面白かったし、本棚に新聞や雑誌を置く通常の方法に加えて、Lao Yuも重要なこと、つまり北Be区を持っていた。図書館のモバイル図書館がやってくる。キュレーターの電話は電話の2日前に来ていたので、ラオ・ユウに前の一冊の本を整理させましょう。ラオ・ユーを幸せにするのは、学芸員が電話でこれが新しい本であると言ったということです。 9時30分、北il区立図書館の図書館長が率いる移動式図書館車が時間通りに双Sh村に到着し、その時、彼女は双Village村に何千冊もの新しい本を持ってきました。豊富な本を滲み出させて、それぞれの本は目を引くカタログでカタログ化されて、付けられました。ラオ・ユは慎重に新しい本を数え、それらを本棚に置いた。何人かの古い本のファンは昨日新しい本が送られて、早く本の部屋で待っていて、配達車に本の前のバッチを整理して輸送するのを助けて、そしてカテゴリーに新しい本を入れるのに忙しいことを知りました。村人のウー・ヨンモ氏はすでに85歳ですが、毎日農家の本屋に行くことを主張していますので、老眼鏡を着用する必要はないので、ある日新聞を読んだときに気分が悪くなるとは言いません。現時点で、彼は慎重に本棚に新しい本を置き、そして彼自身の子供のようにそれを愛しました。 10時30分に、監督の本の配達車が再び出発しなければならなくて、彼女はShuangyu村によって取り替えられた本の束をHongguang村のBeilunの別の村に送ります、そこで管理者Shan Shanxingはこれを受け取ります。本のバッチHongguang Villageの人口は1,700人を超え、花や木を使って生計を立てています村の子供たちは文学や教育の本を読むのが好きです、例えば、日記の書き方や、武道小説は観覧するのが好きです。ライフケア、女性、子供の世話などの健康書も非常に人気がありますが、最も人気のあるのは、ツツジ、ラン、その他の花や木などの農業技術書で、農家では1,000以上の農業技術書があります。 Guangcunは本を更新するために毎年3万元を費やし、何百もの新しい本を更新し、そして多数のジャーナルを購読することができます。しかし、本の更新の主な力はモバイルライブラリです。現時点では、老人は、ラオスユーのように、早朝に書店にいて、監督の移動式図書館の車が到着するのを待っていました。今日、監督の移動式図書館車は5ポイントを走らなければなりません。 Shuangyu VillageとHongguang Villageは、Beilun District Libraryの全支店システムのうち、村レベルの図書館(農場書店)に至るまでのパイロットです。北il地区には合計168の農家書店があり、現在では半数以上の書店が図書館の総合支店システムに含まれており、2か月ごとに北il地区図書館がこれらのポイントを予約します。更新が行われ、毎回更新される本の数は1000です。これはまた、監督のモバイルライブラリが2日ごとに道路を走っていることを意味します。このプロジェクトでは、Beilun地区の年間投資額は60万です。学芸員の目的は、2年以内にすべての書店を一般支店システムに含めることです。寧波市の農家書店の建設は2007年という早い時期から始まった。当時、市は「大発展と文化の繁栄の促進に関するいくつかの意見」と「都市および農村公民文化サービスシステムの強化の実施に関する意見」を発表した。今後5年間の公的文化サービスシステム構築の目標と課題は、公的文化サービスシステムの構築、設備投資の増加、そして徐々に増加することに焦点を当てた、「全員が文化を楽しんで、全員が文化に参加し、全員が文化を構築する」という概念に基づいています。草の根文化施設の建設その中でも、農村地域に農村図書館を建設することが提案されている。同年、第8省庁による「ノンジア書店」プロジェクトに関する実施意見書および広報総局などの委員会の発行後、この作品の円滑な発展を確実なものとするため、市は「パイロット優先、探査メカニズム、革新的経営および実践的成果」の原則を遵守した。文化システム改革の現実に合わせて、原作をもとに文化、ラジオ、テレビ、ニュース、出版などのリソースを統合し、建設を繰り返さないことを主張し、農民の負担を増やし、農村図書館の建設と組み合わせて公的に推進する「農家書店」プロジェクトの建設は、市内の草の根文化施設の建設計画に組み込まれ、実施計画、資本使用、監督と評価などの一連の規則と規則が決定されました。 2010年に、市は都市と農村の統合のための公共図書館サービスシステムの構築、草の根レベルへの公共図書館サービスの拡大の促進、そして図書館資源の最大の有効性の達成を提案しました。このシステムを構築する目的は、市内および郡レベルでの公共図書館の強度を強化し、市内の町(ストリート)図書館支店の標準化構築を強化し、図書館サービスシステムへのリンクとして町(ストリート)図書館支店を使用することです。村レベルの書店まで拡張されました。統一された調達、統一された目録作成、および郡レベルの図書館、町の支店、および農家の書店の統一された構成を達成すること。郡(地区)図書館は、郡(地区)の村レベルの本の入手、処理、分割、および定期的な配布を担当し、元の村(コミュニティ)の本資源を統合し、図書館員を訓練し、定期的に読んでいます。アクティビティ農家の書店プロジェクトではこの構築システムを過小評価することはできず、農家の書店の流通を更新することが困難であるという問題を解決し、書店管理者向けのトレーニングプラットフォームも構築します。現在、市内には2,652戸の農家の書店の50%以上があり、銀州区のようないくつかの郡や地区では、それらの図書館支店の70%以上を建設しています。今後数年間で、市はすべての農家の書店を図書館の一般的な支店建築システムに徐々に組み込み、一般的な支店図書館システムの助けを借りて、農家の書店の本屋はさらに長くドリフトするようになります。 (寧波市文化、ラジオ、映画、テレビ出版局および出版局出版局)