ホーム   /  News   /  政府報告書   /   国際関係スペシャリストDing Yifanの "Tianyi Lecture Hall"はドル覇権の高低を説明する
国際関係スペシャリストDing Yifanの "Tianyi Lecture Hall"はドル覇権の高低を説明する 2012-10-27

 

「2007年の米国でのサブプライム住宅ローン危機をきっかけにした世界金融危機はまだ未開の状態にある...」10月27日午後、国務院開発研究センター世界開発研究所副所長のDing Yifanが世界金融危機について講演した。例えば、米ドル覇権の高低に関する素晴らしい講演が開かれました。現在の世界の金融危機の影響は世界によって異なります。連邦機関の大規模な介入の下で、米国の金融会社はFRBに大量の不良債権を譲渡し、金融会社は帳簿上の残高を再開し、市場のパニックは回避されました。大西洋の反対側では、ユーロ圏のいくつかの加盟国はソブリン債務危機を経験しています。危機では、過度の通貨ペッグが米ドルに与える影響を回避するために、アジア諸国は経済的および金銭的協力を強化してきましたが、この傾向はアジア諸国の歴史的な交絡によって急速に中断されました。実際、アジア地域での紛争は、ドルの地位の統合を助長しているにすぎません。ヴェルサイユとの契約を契機に、米国は世界的な台頭を見せ始め、ブレトンウッズ体制の中で、米ドルは次第に覇権的地位を確立し、今日、米ドルの覇権的地位は徐々に弱まりつつあります。講演の中で、Ding Yifan氏は、米ドルの上昇と下降について系統的なレビューと詳細な紹介を行いました。 Ding Yifanは、ある観点から見れば、米国には依然として通貨覇権があり、その軍事覇権も通貨覇権を維持するための強力な支援であると考えていますが、これはすべて変わりつつあります。ドルに対する人々の信頼はすでに揺らいでおり、ドルの覇権は衰退しており、将来的にはドルは国際通貨システムの一員に過ぎないはずであり、ドルは覇権通貨ではなく普通通貨になるでしょう。記者の訪問(寧波市立図書館)講演者プロフィール:Ding Yifan、研究評議員、国務院開発研究センター世界開発研究所副所長。ボルドー大学ロースクール校政治学博士およびジョンズホプキンス大学先端国際関係研究所客員研究員。中国世界経済学会の副会長、中華人民共和国ヨーロッパ協会フランス支部長、外交学院副学長、国防大学副学長。彼は国内のコアジャーナルに数十の学術論文を発表し、さまざまな国内の新聞や雑誌に何百もの記事を発表しています。国内外の雑誌に英語とフランス語の記事をいくつか掲載しました。彼の主な作品は、「アメリカ批評 - 自由帝国の拡大のパラドックス」、「大きなトレンド - 経済のグローバリゼーションと中国の課題」、「ユーロタイムズ」、「スマートセンチュリー - 知識経済と中国への挑戦」などです。 "バランスの取れた金融ゲーム - 借金危機から金融危機へ"。