ホーム   /  News   /  政府報告書   /   市立考古学研究所が第2回全国水文化再生訓練コースに参加するスタッフを派遣
市立考古学研究所が第2回全国水文化再生訓練コースに参加するスタッフを派遣 2012-11-05

 

数日前、文化遺産国家管理局が主催する第2回全国水文化遺跡修復訓練コースが、広東省の陽江海事シルクロード博物館で3ヶ月間の実地研修を実施しました。トレーニングコースは2段階に分かれています。理論的研究と現地でのインターンシップで、合計5ヶ月間です。評価の後、合計16人の学生が第二段階の研究に入り、市立考古学研究所のLuo Pengもそのうちの1人です。 。近年、私たちの街の水中考古学産業、特に湘山の「Xiaobai Reef I」難破船の探鉱と発掘の活発な発展に伴い、大量の水が水から排出されています。文化財の保護のためには、専門家による保護が急務です。 2009年に、市立考古学研究所は、文化遺跡の修復に関する最初の研修コースに参加するために、2人の水中考古学者を選出しました。市立考古学研究所の考古学チームのメンバーは、水の保存と修復に関する研修コースに参加するための要員を積極的に派遣することで、市内の文化財保護の実践に役立て、ビジネスを強化しました。職員の実践的なスキルは、市内の文化遺産保護および修復事業の発展を促進します。 (寧波市文化財考古学研究所)