ホーム   /  News   /  政府報告書   /   市の「読書会」が始まろうとしています
市の「読書会」が始まろうとしています 2013-04-25

 

記者は昨日市文明局から、寧波市の「全国読書活動」が2013年に開始されることを知った。 5月8日には、イベントの開始式典と「Shuxiang with me」のテーマパーティーがNingbo TVスタジオで開催されます。今年の全国読書活動は年間を通して行われ、イベントのテーマは「読書、賢明、そして発展」のままです。寧波市の読書活動は、市党委員会の宣伝部、市文明局、市文光新聞出版局、市教育局、寧波日刊新聞グループ、寧波放送テレビグループが共同で後援しています。活動は、市レベルの活動と郡(市)地区の活動に分けられ、市レベルの活動は、主催者と各主催者によって、「幼年期の読書と啓発」、「読書と照明の青春」、「読書と浸潤」から構成されます。市は3つの主要なセクションで構成されており、100以上のエキサイティングなアクティビティがあり、質の高い製品の作成と「人々への文化的利益」に焦点が当てられています。郡(市)地区の読書活動は、市レベルの活動において郡(市)によって独自に計画および組織され、地域の文化ブランドの構築に焦点を当てています。活動の街のソースに参加する国民読書月間:寧波イブニングニュース日:2013年4月25日投稿者:メイ魏有名な作家リアン・ザイアオシェンは新しい本出来月「中国の人々を妨げた」と、彼は彼の新しい仕事がかかります署名して講義を開催するために寧波Book Cityに来てください。これは、5月8日に開始される第5回「全国読書月間」に合わせて、寧波ブックシティが立ち上げた一連の活動の1つです。それまでの間、Liang Xiaoshengに加えて、CCTVの "Hundreds of Lectures"講師、商業作家、若き文学作家のRao Xueman、Yanshen MasterなどがNingbo Book Cityに登場し、人々全員の読書活動を支援します。以前の「中国の社会的地層の分析」から「落ち込んだ中国人」、そして「あなたの中国人」まで、梁暁は常に悲しみと鋭い目で自分の「声」で中国社会に直面することができます。質問です。中国人民政治諮問会議の全国委員会のメンバーとして、Liang Xiaoshengは彼自身を「適合」と呼び、彼はいくつかの草の根問題を提出しようと熱心でした。新作「The Chinese of You」では、Liang Xiaoshengはすべてのレベルの中国社会と現代社会の根本的な問題について考え、「落ち込んだ中国人」の仲間と見なされました。今回は、新作品の発表に加えて、梁暁生が講演を行いますが、そのテーマはまだ不明で、具体的な時期は未定です。 CCTVの "Hundreds of Lectures"講演者も未定だが、Rao XuemanとYan Senの新しいブックマークと読者の会議時間は5月12日の午後2時30分と午後5時に決まった。 19日の午後2時30分、場所はNingbo Book Cityにあります。また、5月4日午後3時、寧波新橋日報の編集長であるLou Weihuaは、寧波ブックシティで「私は若者に見舞われました」という講義を行い、同時に新しい本「Bird of the Wilderness」にサインします。午前9時30分に、上海漢方医学大学栄養栄養学部長のSun Lihong教授が「癌患者の治療法」について教え、彼の「癌の食べ方」のブックマークを販売します。