ホーム   /  News   /  政府報告書   /   「一人一芸術」という大衆芸術プロジェクトがさらに力を入れています
「一人一芸術」という大衆芸術プロジェクトがさらに力を入れています 2017-05-16

 

昨日新たに追加された30の機関は、新しい力を追加して、既存の74の社会的組合機関に基づいて「一人一芸術」の普遍的な芸術の普及プロジェクトを授与しました。 5月14日の午後、市は新たに加わった30の部隊のための免許式を開催しました。これまでのところ、市の "一人、一芸術"ユニバーサルアート普及プロジェクトソーシャルアートアライアンスの単位は104に達しています。 「一人一芸術」のユニバーサルアート普及プロジェクトは、第13次5カ年計画期間中に市党委員会と市政府が注力してきた生計プロジェクトです。 2016年に、寧波は文化省の国家公的文化サービスシステム構築委員会の多くの専門家によって承認された「一人一芸術」の普遍的な芸術の普及プロジェクトを含む一連の制度的革新を含む普遍的な芸術の普及の探査と実践を開拓しました。そしてサポートします。昨年から、全国芸術普及プロジェクトソーシャルアライアンスは3回授与され、合計74のユニットが参加しました。今までのところ、これらの提携は3万人以上の公共福祉コースを提供し、10万人以上の人々に恩恵をもたらしています。最近では、一部の部署が「一人一芸術」のポピュラーアート普及キャンプに参加することを求めています。見直し後、30台が参加することが許可されました。これらの新しいフランチャイジーは、海州、江北、張州、鎮海、そして余姚市、慈渓などの場所、そして浙江大学寧波工科大学や他の大学、そして有名な訓練機関から来ています。参加後は、全員が社会福祉事業を行い、協力して協力し合い、一人ひとりが一人ひとりがアートを普及させるプロジェクトを推進します。 (寧波市文化センター)