ホーム   /  News   /  政府報告書   /   第2回「水中考古学と寧波フォーラム」が寧波で開催されました
第2回「水中考古学と寧波フォーラム」が寧波で開催されました 2018-10-19

 

10月16日から18日まで、第2回 "水中考古学・寧波フォーラム"が寧波北Ch春春浜新市で開催されました。イギリス、ドイツ、ロシア、フィリピン、マレーシアを含む5か国、および15の州(自治体および自治区)での、水中考古学、科学技術保護、および古代の船の研究だけでなく、国、地方、地方自治体、地区の各部門および政府指導者。 60人以上の人々が「Hai Si」などの専門家との会議に出席しました。寧波市文化ラジオ局の局長、チャンアイキン氏は開会式で、寧波は常に水中考古学の最前線に立っており、中国の水中文化遺産の保護において重要な役割を果たしてきたと述べた。このフォーラムは、過去の研究成果の承認だけでなく、国内外の国々との協力と交流をさらに強化し、水中文化遺産の調査、探査、保護、研究および利用において引き続き優れた仕事をするために寧波で開催することができます。このフォーラムのテーマは「新業績、新動向、新進歩」で、国内外の水中考古学の最新の成果と開発動向、管理システム、業界標準を網羅した30以上の質の高い学術論文が参加者に提出されました。技術システムと研究開発アプリケーション、ならびに科学技術保護と水中文化遺産の研究と利用。トーマス・ヒルゼル博士、ノッティンガム大学シルクロード校、ドミニク・ホスナー博士、ドイツ考古学研究所、ボビー・オリネダ博士、水中考古学センター、フィリピン国立博物館、マリア・クディノバ博士、ノボシビルスク州立大学、国立文化遺産保護局、アンダーウォーター文化遺産保護研究者のSong Jianzhong、研究者のJiang Bo、研究者のSun Jian、研究者のZhou Chunshui、研究者のCui Yong、副研究員、そして歴史博物館の研究者。上海大学のPeng Yan教授、無人艇工学研究所、劉Zhiyan准教授、四川省文化遺産考古学研究所の所長、Jin Tao博士、国立水中文化遺産保護センターの寧波基地科学技術センター、その他13カ国専門家や学者は会議で最新の研究結果を示し、最新の開発動向を共有し、最新の技術進歩を交換し、学術的な雰囲気が温かくて満ちているという特別な報告を行いました。 "水中考古学・寧波フォーラム"は、共同で国立文化遺産局水中文化遺産保護センター、寧波市文化放送出版局、北People区人民政府、国立水中文化遺産保護寧波基地、寧波市文化遺産考古学研究所、寧波チャイナポートミュージアム、4年間共催、目的は継続的に中国の水中考古学的作業のレベルを促進し、国際的な水中考古学コミュニティとの交流を強化し、中国における水中考古学のための重要な学術ブランドと産業プラットフォームの構築に努めることです。最初の「水中考古学・寧波フォーラム」は2014年10月に開催されました。2001年の「水中文化遺産条約」事務局長は、中国で最も影響力のある水中考古学的学術交流活動として出席しました。 。さらに、「水中考古学・寧波フォーラム」の第2回では、国家文化遺産局水中文化遺産保護センター、丹東文化スポーツ出版局ラジオ・テレビ局、および全国水中文化遺産保護寧波基地寧波チャイナポートミュージアムとの共催で開催された特別展「海のスピリット - 志源へのオマージュ」 - 寧波チャイナポートミュージアムで公開されました。 (寧波市文化財考古学研究所)