ホーム  /  ストーリー   /  島に散らばった物語、小さくて誠実
島に散らばった物語、小さくて誠実
2019-07-11
Like0 Comment0 Browse3423
キーワード:

ナンティア島、聞いたことのない場所ダーシャビレッジと呼ばれるコーナーがあり、車が曲がりくねった山道をゆっくり登り、山全体を登ると、家族は20人か30人しかいません。日本のテレビドラマでよく見られる写真のように、突然日本のテレビ映画に突入し、遠くの海を見ながら、向こうに海を見ながら、正面の青い海に、白い家の村のように見えました。とても魅力的です。

ナンティア島で最初の出会い

宁波旅游网:旅游推荐;那些散落岛上,细小真挚的故事

薄くて柔らかいビーチ、白い小さな貝殻、遠くにある漁船、岩礁の波、海風、山に囲まれた村を見ている人、誰もあなたと一緒にビーチを圧迫している人はいません。カメラを持って、ここで静かに海を吹いて聴くことができます。

宁波旅游网:旅游推荐;那些散落岛上,细小真挚的故事

島にはねじれや曲がり角があり、東海岸には湾がたくさんあり、ビーチがあり、海が広く、そして帰りの自然の美しさがいっぱいです。島では、ゴージャスな日の出、美しい夕暮れ、そして漁師の漁村からパノラマの景色を眺めることができます。

島全体が93平方キロメートルの面積をカバーし、3万人以上の島民が日の出と日の入りを作るためにここにいます。淡水の貯水池、豊富な日差し、緑の洋ナシ、アルファルファなどの果物などの特産品があり、海岸線沿いに造船所があり、海を伴う漁業では島の人々が食事を楽しめます。

宁波旅游网:旅游推荐;那些散落岛上,细小真挚的故事

朝、一人、一台の車で、海岸沿いの道を走ると、驚いたことに道端に車がなく、時には3人か3人の島民が笑うでしょう。

島の最南端にある金池門に20分以上で到達します漁村はシンプルで生態学的で、海に浮かぶ漁船は揺れ動き、心はゆっくりと落ち着きます。

漁師のシーフード

宁波旅游网:旅游推荐;那些散落岛上,细小真挚的故事

正午に、Hepu食​​品市場の隣に、小さな店、所有者自身の家、彼ら自身の手、10年以上の味、上質のシーフード、全重量、安い価格があなたを驚かせます。

食卓用食器類は一人当たりたったの30元、400元と同じくらい長く、誰もが食べることができます。新鮮な季節の果物を選ぶために農園に行くこともできます。疲れているときは、きれいなビーチでカニを食べたり、釣りをしたり、スポーツが好きなら、ビーチバレーやビーチサッカーを楽しめます。

Qinglan Homestayでの滞在

夕方には、青年アーティストの間で人気のある青蘭ホームステイに泊まりました。青々とした繁華街のベッド&ブレックファーストと比べると、青沙は海に面する三方のダーシャ風景区にあり、緑の山々と緑の山々に囲まれ、湖と山々に囲まれています。

ユニークな自然環境はあなたに珍しい景色を与え、山の天気は生命に満ちています。ヴィラ全体が新鮮で洗練されていて、庭は花や草でいっぱいです。そして耳は叫んでいます。

別荘に足を踏み入れると、入り口にバーがあり、さまざまなものがリビングルーム全体を楽しい空間に織り込み、美しい螺旋階段があなたの前に立ちます。

宁波旅游网:旅游推荐;那些散落岛上,细小真挚的故事

自家製のフィッシュネットの飾りと海辺の風味が、骨から即座に漁師の文化を飾り、新鮮な魚介類を解放し、そして敏捷性の異なる感覚をもたらします。ホールの天井にぶら下がっている木製の照明、バーが描かれた手描きの黒板、粗いコンクリートの床、そしてアメリカ料理店の雰囲気。

リビングルームの片側には、ゴージャスな装飾が施されていないオリジナルの木製のテーブルチェアがあり、セメントの壁、シンプルで独特の味わいがあります。居間の向こう側に心地よい畳が置かれており、自由で陽気な雰囲気を作り出しています海の北にいる見知らぬ人でも、この辺りに座っていると、しばらくしてワインを感じることができません。カップが足りません。

ヴィラの各部屋はそれぞれ独特の色調とテーマでデザインされており、工業用、北欧、モダン、地中海など色は主に白、青、グレーで、それぞれの部屋のデザインは十分に考慮されています。海と遠くの山の景色は大きなガラスの壁を通って屋外の景色に入ることができ、山の中の日差しとそよ風を取り入れながら、心身ともにリフレッシュしています。

丸いバスタブは床から天井まで届く大きな窓の端に配置されており、投獄や拘束の感覚を大幅に軽減します。リラックスした休暇をお楽しみください。

夜になると、夜空の星が眠りにつくことがあり、まるでそれらが山の一部になっているかのように目を閉じることがあります。

夜遅く、カエルの音で眠り、朝起きると鳥が叫び、窓を押して海を見、雨の後の新鮮さを感じます。

コメント
严子俊
場所について