ホーム  /  ストーリー   /  [Ford FUN Driving]涼しい夏-記憶に残る寧波の味
[Ford FUN Driving]涼しい夏-記憶に残る寧波の味
2014-08-19
Like0 Comment0 Browse1404
キーワード: 写真撮影 自由 自動運転 人文科学 食べ物 ペティブルジョワジー 週末ツアー

私は子供の頃寧波で生まれ、後に家族が杭州に引っ越しましたが、2つの場所はそれほど離れていませんが、記憶にある寧波の味は、私が育ったときのことを今でも思い出させてくれます。多くのアトラクションは子供の頃からありましたが、元の姿を忘れていました。 Ctrip.comでホテルを予約したとき、フォードマーベリックの試乗会イベント(イベントリンク:/)
また、非常に費用対効果の高いバウチャーもあるので、すぐに注文して本当に引き付けられました。車を買いに4s店に行きました。土曜日の朝早くに寧波に戻りました〜

杭州から寧波まで約150キロメートルで、徳勝インターチェンジの高架道路に沿って歩いて行くことができ、サービスエリアは道路で数回停車し、正午に到着してホテルに直行しました。今回、寧波のインターコンチネンタルホテルに泊まりました。イベント予約の際に一緒になったホテルでした。インターコンチネンタルの評判は今でも非常に良いです。今回予約したスーペリアルームは非常に満足です。

部屋はきれいで、サービスも良かったです。残念なことに、行ったときにプールができなかったので泳ぎたいと思ったのですが、今回はチャンスがありませんでした。 。 。

寧波に戻ると、両側の街路やアンティークの建物はとても馴染みがありますフレンドリーな寧波のアクセント(杭州の方言とはまったく異なる)、私はかわいい気分です~~~~景勝地〜

-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- -------------

[寧波博物館]博物館のための特別な複合施設がありますが、今回寧波に来たとき、初めて寧波博物館に行きましたが、2008年にオープンし、古いものと新しいものが融合した博物館です。


一番印象的だったのは、建物のレイアウトです。本体は3階建てで、一部は5階建てで、江南水郷の魅力を建物環境にもたらしています。全体的なデザインはヨーロッパの城に似ています。

青銅器、玉器、書道、ヘムドゥ文化から現代までの書物、絵画、蝋人形の複製のシーンなどが展示されています。博物館は無料で開放されており、賞賛に値します!



[天一博物館]は寧波のもう一つの博物館であり、古典的な魅力です。私は子供の頃天一亭を訪れましたが、古代の私立図書館に感銘を受けました。

博物館は実際には江南庭園であり、公園には岩場、池、パビリオンなどの風景があり、石碑の森もあり、天一亭の隣には絵画と書道の博物館もあります。

天一亭の歴史的な書道と絵画、有名人の絵画と書道の傑作がよく展示されていますが、さらに興味深いことに、麻雀展示場もあります。ハハハ!いろいろな種類の麻雀が展示されていますいろいろな種類の麻雀が展示されていますところで、あなたは麻雀文化の起源と発展を理解することができます。

しかし、夏には寧波に多くの蚊がいます。 。 。たむろしたい友達は、良い防蚊ツールを持参しなければなりません!チケット:30元。

天一館から遠くないところにある「ue湖」は買い物に行ったばかりですが、Yu湖は杭州の西湖のシーンを寧波が再現したことで知られています(西湖として知られていますか?) 、環境はとてもきれいで、散歩するのに良い場所です。実際、冬には雪湖に行くのがベストです。ここにある!

ちなみに、[ユエフ公園]、急いでいない場合は、基本的にいくつかの史跡を一緒に散歩できます。花や花、チケットを無料で見ることができます。

夕方、私は夕食のために[オールドバンド]に行きましたが、それは天子坊と上海バンドの組み合わせだと言われるべきです。なぜオールドバンドと呼ばれるのですか?ここのバンドは上海よりも早い歴史があります。

ここにはまだ美しい古いヨーロッパ風の建物がたくさんあり、それらのほとんどは小さなバーやレストランに改装されています。

したがって、それは寧波の感傷的なレジャーエリアと寧波のランドマークの1つとなっています。三江口まで歩いていくと、ここの夜景は必見です。また、リラックスするのに最適な場所です。

旧外undの建築物も見どころですが、私はそこに行って訪れることができなかったことに失望しましたが、外観も非常に美味しかったです。特に、配布された多くの教会や住居は、寧波の近代的な港の最高の証言です。

翌日の午後に杭州に戻っていたので、朝に寧波でお土産を買って、さりげなく散歩しました。母は、香をburnいて仏を拝むために寺院に行きたいと言ったので、[アユワン寺院]に連れて行きました。

寧波の郊外では、香が毎日繁栄しています。寺院には千年以上の歴史がありますが、保存状態は良好です。無料の寺院はほとんどありません。ここでは香は無料ですので、ここの仏教の雰囲気は純粋です。一部の完全に商業的な寺院とは異なり、週末に行きましたが、グループの観光客は基本的に少なく、寺院は非常に静かでした。

一般の観光客は大雄堂で敬意を払い、寺院スタッフが大雄堂からそれほど遠くない天王堂に放水池があると聞いていましたが、そこには小さな魚やカメがたくさんいましたが、多くの観光客が寺院で禁止されていますここでリリースし続けるので、環境を汚染しないように、ここでリリースしないようにしてください~~~

寺院の入り口にはベジタリアンファーストフードを食べる場所がありますが、定食は基本的に約50元ですので、選択する前に価格を確認することをお勧めします。

私の心の中で寧波の味について話しましょう(ここではグルメの母を指し、食べる性質が明らかにされています...)、寧波のling子、寧波の餅、雪キャベツの大きな黄色のak 、,の生のボラ、生の魚介類、今回は寧波に行きます天一広場はそれらのいくつかを食べて、いくつかの地元の製品を持ち帰りました。

寧波の価格も今ではかなり高いことに気づき、過去と比較して、今まで食べていた食事が残っていますが、母は午後に父と母と一緒に帰りました。

この記事は、このWebサイトの編集者によって複製されています。コンテンツ、著作権、その他の問題に関与している場合は、30日以内にこのWebサイトにご連絡ください。できるだけ早くコンテンツを削除します!この記事の著作権は元の作者に属し、内容は作者の個人的な意見です。このサイトには、この声明の最終解釈があります。
コメント
严子俊