ホーム  /  ストーリー   /  寧波での3日間の新婚タウンツアー
寧波での3日間の新婚タウンツアー
2015-10-18
Like0 Comment0 Browse770
キーワード: 自由 写真撮影 人文科学 食べ物

この11回目の旅行は1か月前に計画されていたので、Ctripで寧波についての旅行記も見たので、ここに来て、蘇州と杭州のこれらの混雑したアトラクションを避け、静かに楽しみたいと思いました江南の水辺の村は居心地が良いですが、旅程にもエピソードがあり、いくつかのtwist余曲折の後、9月9日から30日に北京から上海に出発し、その後寧波に移動する予定でした。義理の娘の突然の労働状況に遭遇し、その後10月1日に高速鉄道に変更され、北京から寧波までの8時間のでこぼこした。幸いなことに、元の旅程は同じままであり、車では不快です。友好的なヒント、U字型の枕を持参するのが最善です膨らんでも大丈夫です。でこぼこ道がついに寧波に到着しました。夕方9時過ぎで、タクシーがホテルに直行しました。南部の都市の空気はまだ良いです、エマ、もう少し息を吸って、ほとんど酔っています。シートリップで見た、予約した中華民国のホテルを見てみましょう。

ドアに入るとカビ臭がするので、ホテルは素晴らしいとは言えませんが、二階はもうありません。簡単に言えば、価格は高くなく、民間人のニーズを満たします。予約された特別な部屋はわずか150元で、窓を開けると川が見えます

家具はおじいちゃんの世代、ミシン、古い風車、古い電話の装飾です。

何かを食べた後、ホテルの前の川沿いを歩いてみると、川岸の独特のスタイルを感じましたが、南の詩的な物語も不思議ではありません。そのラブストーリーは小説を書くのに十分です。振り向いた後、私はホテルに戻って休み、翌日の旅行の準備をしました。

Qiantong Ancient Townの寧波の最初の停留所。義理の娘は、初日は本物の古代の町に行くことを考え続けました。

旅程:ホテルから寧波駅(バスステーションもここにあります)、寧波から寧海へのバスチケットを購入し、30チケット、寧海まで約1時間30分、寧海バスステーションから寧海西駅まで106枚、西駅から寧海から銭通までの郡庁舎の下の町のミニバスは、15分ごとに出発します。過負荷は許可されていません。満車のときに出発できます。平均して、車で20人以上を収容できます。行列はありません。基本的に混雑しています。元少年に到着するのに約30分かかり、チケットを買うために直接チケット売り場に行きました。

切符売り場の写真、切符売り場は古代の町の入り口から約800メートル離れているので、切符を購入した後は歩いて帰る必要があります。古代の町は実際には町のサークルの一部であり、入り口と出口があり、風光明媚なエリアからかなり離れており、普通の町です。

ハンサムな写真、ハハ

町のすべての家の前を通る水があり、井戸の水は川の水を侵さないと言われています。ドアの前のこれらの水系はゴシップ水系と呼ばれています。古代人の知恵は本当に...

当時の窓の花

中に住み、覗いて、笑

トングの祖先の家

郵便局は、カスタムのハガキをカスタマイズして、それを送りたい人に送ることができると言った、入った後の人は多くなく、ハガキも非常に商業的だ。

改修中の庭が正午になるまで歩きましたが、たまたま正午でしたが、誰もいませんでした。

非常に壊れた部屋に来て、集合写真を撮り、苦労を覚えてください

これは、義理の娘が常に望んでいた古代の町、青いタイルと緑の苔、非常に古いものと古いものです...

古代では、結婚式のベッドは木材全体に3つの床があり、それは絶対に豪華でしたが、現代のシモンズはそれらを打ち負かしました。

フェイジュ、古代の壁、あなたは意図的にそれを見る必要はありません、ただ歩き回るだけで、あなたはいつも違う景色を見つけるでしょう

オートミール

大連山ビール

昔の子供たちの特徴、そしてどこにでもいる昔の子供たちの3つの宝物は、乾燥豆腐と醤油です。味は良くありませんが、映画館の前のカップルの小麦ケーキはまだとても良いです。別の老夫婦はマズを買ったが、それは美味しかったが、少し噛まなかったし、ホテルに戻った後少し臭いがした。

元子どもたちが馬や花を見ていなかった場合、彼らはゆっくりと歩いていました。当時、それはほぼ3時間の散歩で、ほとんど終わっていました。ゲストハウスなどもありましたが、それは普通に感じました。時間があれば、町で食事をして行くことができます私たちは止まらず、車で寧海に戻り、急いで寧波に戻った。

寧波では午後3時過ぎで、月湖公園まで一周しました。

越湖公園は、寧波の中心部にある最大の公園で、静かで美しいです。

越湖公園を出てドラムタワーに行くと、お勧めのレストランです。

この謙虚な看板に怖がらないで、穴を開けてはいけません。物は本当に美味しいです。

私たちが行ったのはたった5時でした。多くの人はいませんが、おいしいものを見てみましょう

ゴールドメダル:豚肉のお腹、カリカリ、柔らかく、脂っこくない

石鍋グループは新鮮です、それもお勧めです、元の味はとても新鮮です

これは奉化の特産品でもあり、里の一種で、甘くて塩辛い、おいしい

たけのこ炒めは、金メダル肉と同じようにお勧めします。

また、2階ではもち米ワインとチャーハンを注文しましたが、このレストランはかつて2階レストランと呼ばれていました。

夕食後、ドラムタワーを気軽に散策してみてください。いくつかのとても魅力的なお店、お土産などがありますが、地元の習慣を感じるのも良いです。

ドラムタワーはホテルから2 km未満の場所にあるため、寧波の夜を感じるために徒歩で戻ることにしました

初日は以上です。

翌日の旅程は主に山と水を楽しむことです私は雪道山に行きましたそこには2つの景色があります1つは江の家のかつての居住地であり、もう1つは雪道山景勝地です。 Xuedou Mountain Scenic Areaの場合、チケットは1人あたり150です(観光エリアに直接アクセスする風光明媚なバスを含む)。風光明媚なバスはSanyintanの頂上からMaitreyaまで、道場まで直行することをお勧めします。

交通手段:寧波バス停から西口までのバス(約1時間半)U字型枕はあまりにも重要です。その後、バス106に乗り換えてこの車に戻ります(友好関係から、西口から寧波へのバスは5時30分に最終クラスになることを思い出してください。

雪頭山風景区は緑豊かな山々と緑豊かな水域で、わざわざ見る必要はありませんが、このような景色は気分がいいので、山の空気をもっと吸いましょう。

雪dou山を見下ろす

so宗竹と百年松

一般的に、様々なコーナーで特別な形のスタッフが見られましたが、温かい案内はまだ非常に良かったです、サトイモでしたが、彼らは食べませんでした。隠された湖でのみ利用可能です。その他は人工の風景です。道路標識に従ってマイトレーヤ道場まで進みます。寺院は写真を撮るのに適していません。写真はありません。正午には蘇Zがあると言われています。ここでは、景勝地のゲートにバスがあります。

夜に寧波に戻って天一広場に来ました。広場の噴水はいいです。ここのビジネスの味は比較的強いです。元々は寧波郷に行き、寧波の軽食を食べたかったので、私は長い間列を作ってあきらめました。自助のテーマ、それから私たちが普段食べるものに似た明るいものはありません、もう1つ、私たちの隣のテーブルにいるカップルを賞賛します、私たちが到着したときにしばらく食べていて、彼らは私たちが去るのを待っていますまだ進行中です。

天一広場から川に沿ってホテルまで、外undを通り、音楽の噴水に追いつき、小さな気分になります。

3日目の旅程:古代都市のシニング。

交通:寧波駅の北広場から、26番のバスに乗り、古代都市のシニングに直接行きます。

主な見どころ:孔子Temple、九仙寺、学堂、清道寺。 Cichengは郡全体で骨with品があり、人はあまりいません。


孔子Templeの写真のいくつかは、あなた自身の経験のためのものです。

脂ぎっていない、大豆粉に浸したドラゴンのひげ

郡E道サイト

お金の目、中には様々な腐敗した役人がいます

カウンティロッカリー

道端での撮影

写真を撮ることができる夫を持つことの重要性について、中国風の感覚を持っている

スコラスティックホール、受験者が試験を受ける場所。

趣のある町は人でいっぱいではありません。

慈湖、水が黄色すぎる、そうでなければこの景色は見逃せない

山には道教寺院がありますが、偶像の中にはかなり怖いものがあります。

旅の終わりに、国道26号は寧波の市街地に戻り、再びドラムタワーに行って、アヒルのアヒルの犬を食べたかったのですが、結果は同じ店ではありませんでした。ホテルに戻って休んだ。

義理の娘は仕事のために最終日の朝早くに北京に戻り、予定どおり午後に飛行機で戻り、このように短い旅は終わりました。

一般的に、寧波はまだ非常に小さな場所です。古い上海の雰囲気があります。観光名所ではないので、人は多くありません。最近のプレーは比較的簡単で、事前に計画しましたが、私が得なかったスケジュールは非常にタイトで、この瞬間を楽しむだけです、秋の風でも太陽でも、この旅行は私たちにとって忘れられないものです。

この記事は、このWebサイトの編集者によって複製されています。コンテンツ、著作権、その他の問題に関与している場合は、30日以内にこのウェブサイトにご連絡ください。できるだけ早くコンテンツを削除します!この記事の著作権は元の著者に属し、コンテンツは著者の個人的な意見です。このサイトには、この声明の最終解釈があります。
コメント
严子俊