ホーム  /  ストーリー   /  寧波保国寺の古代の建物
寧波保国寺の古代の建物
2014-08-05
Like0 Comment0 Browse1819
キーワード: 自由

宝国寺は、都市部から15 km離れた江北区紅tang町の北にある霊山の中心にあり、山の上に建てられました。元の寺は漢東時代に設立され、江南の北Song時代の最高の保存木造建築です。

保国寺はかつて霊山寺でした。

寺の大雄宝店の独特な建築様式は独特であり、それは宝国寺建築の本質です。 Daxiong Baodianは寺院の主要な建物であり、二重のmountainと山のような構造を持ち、江南で最も古い現存する木造建築物で、幅3部屋(11.91メートル)と深さ3部屋(13.35メートル)を持っています。荘厳な宝物館は堂々としており、すべての構造物はバケットアーチと正確なほぞ穴とほぞ穴技術で巧みに接続されており、建物の各コンポーネントは釘なしでしっかりと結合され、ホールの屋根全体の重量を支えています。

2002年から2003年にかけて、清華大学の建築学教授である清華大学の教授であり、博士課程の指導者でもある郭大鎮氏は、「東inの最初の山、宝国寺の1つ」と題するモノグラフを共著し、出版しました。 。


これは、宝国寺の古代の建物に関する断然最も包括的で権威ある作品であり、米国、オーストラリア、韓国、香港、主要な国内の大学や図書館など、多くの国と地域に含まれています。宝国寺古代建築博物館の歴史的展示は、この研究の結果を広範囲に利用しています。


同時に、宝国寺は修道士もmonもない中国で唯一の寺院です。


しかし、宝国寺​​は宗教的な寺院で有名ではありませんが、それは私たちの先祖が千年前の素晴らしい建築技術に驚いたからです。その中で、大雄宝店は北Song時代の大衆香布の6年(1013年)に再建され、中国の揚子江の南にある最も古く、保存状態の良い木造建築の1つです。

宝gu寺は、古代の寺院の複合体として、北Song時代の大衆香布の6年目(1013年)に建てられました。現在、13,280平方メートルの面積、7,000平方メートルの建築面積、および寺院外の28ヘクタールの自然の山林をカバーしています。 1961年3月、国務院により国の重要文化財保護ユニットの最初のバッチとして発表されました。宝国寺は、唐から明、清の時代までのさまざまなスタイルの建物を保持しており、これはあらゆる年齢の労働者の知恵の結晶化です。





宝国寺には10のシーンがあります。

霊竜泉:霊山の8つの枝のうちの1つです。 Linglongquanは澄んでおり、青い空を反映しています。湖に沿って龍の踊りの爪があり、龍口は一年中水が流れて谷に落ち、龍の尾は臨tanの洞窟に隠されています。穴の口は、「Linglongquan」という3文字で彫られています。

長い間、Linglong Springについての美しい伝説があります。過去には、ヒスイドラゴンは干ばつや雨に抵抗する人々を助けるために天国のルールに違反し、Lingshanで罰せられました。しかし、霊山に来たとき、彼はここでも干ばつが深刻であることに気づき、村人が農地を灌漑するのを助けるために東シナ海に向かったが、彼は空に違反したため、石竜に変わり、霊山に永遠に閉じ込められた。


フェアリーブリッジ:

宝国寺の正門に入り、石段を登ると、右側の穴がどんどん深くなります。橋を渡る約100段、Xianren Bridgeという名前の橋。嘉慶の宝国寺の記録によると、「...川の港から上陸し、石柱を通り、ねじれ、ジグザグになり、仙人橋を渡り、文武寺は城壁にありました。」元jin寺への道は東yan山のfootから来たということです。橋は必須です。


死神隊

宝国寺の門の外、霊山山の中腹にあります。ステージにはパビリオンがあり、3人用の家です。パビリオンの横には数千のクスノキ、緑のカエデ、イチョウの木があり、枝は古くて遊びやすく、秋には湿っていたり、赤か腐っていたり、黄色に熟したりします。数百本の竹の木があり、まばらで密集しており、散らばっていて、風が吹いており、シャオシャオの音は人々を長引かせます。裁判所の前のプラットフォームは空で高く、手すりを見下ろしています。雲は金色のように、浮かんで重なり合って、層に浮かんで、明るく明確に変化し、思考し、パビリオンはそれにちなんで命名されています。


グリーンビルディングパビリオン:

八角形の二重ひさしのライオンロックでは、パビリオンの半径は3メートルです。東側と西側はインポートおよびエクスポート用で、パビリオンには座席があります。


ワングリパビリオン

象の幹の頂点、八角形、二重ひさし、3.5メートルのパビリオン半径。パビリオンにはスツール付きの石のテーブルがあり、パビリオンの外側には丸いフェンスがあります。

象の幹の頂上は平坦で、日の出を見る場所である古い高いプラットフォームがあります。古い「志」には、「日の出を眺める五夜のピーク、西Xを見るために平明海底」というフレーズが刻まれた残骸のモニュメントの側面が含まれていました。後のステージで王里パビリオンが建てられ、前任者の詩はこう述べています。「ピークはかつて高いプラットフォームで記憶されていましたが、今日は草と草でパビリオンが建てられます。」


ベイベリー

保国寺のミリカヤマモモからのミリカヤマモモは、すべての色の優れた名物です。初夏には、果実は真っ赤になり、無限の美しさが加わります。当時、宝国寺は毎年恒例のヤマモモ祭りを開催し、全国の観光客を集めて味わいました。

チチピン

保国寺の東壁の外側の面積は約900平方メートルです。伝説によると、東漢時代の将軍である張Yがここで引退したとき、彼はそれを西気の場所として使用しました。後に宝国寺の塔になりました。

Qiqipingの古代の木は、高さ約40メートルで樹齢400年近くの7本のカエデの木と3本のクスノキを含む高くそびえています。 ping peiの中の草は非常に緑色で、鳥にセミが聞こえます。


ガラガラの手順


Me梅林を通り抜けると、台人台と青荘館への通路です。鳴る石段は高さ200メートル、256段で、各段は幅1.2メートル、高さ0.2メートルです。名前が示すように、鳴る石段は、石段の上を歩く歩行者であり、石段はゴロゴロ音を出します。ペダルが重いほど、エコーが大きくなります。

蘭C館

ヤマモモの森に面し、鳴る石の階段を半ば北に曲がります。北には妖精橋に面したディージンテラスがあり、珠lianに向かいます。青luクイシュアンはディージンからシュウシャオに登ります。パビリオンは、すべての側面に右側の椅子、南北に2つのアクセス道路、パビリオンにパビリオンを備えた、二重層の六角形のオールストーンパビリオンです。


先祖パビリオン

宝国寺のfenceの外側の竹林の西には、本堂を建てた宝興中興の祖先である宗仙の墓があります。 「宝国寺クロニクル」によると、「主の塔は寺院の西側の竹の中庭にあります。塔は年の年に土に埋葬されました。塔だけがドームに露出しています。 、八条から7フィート離れたところを真っ直ぐに見下ろして本堂を訪れてください。長さ30 cm、幅20 cm、高さ20 cm。石の手紙には何もない。新しい祖先のパビリオン、正方形の1階建ての石造りのパビリオン、および柱ジョイントがサイトの隣に構築されます。パビリオン内には黒い石碑があり、その石碑には「中祖の祖先」の彫刻が書かれています。






交通手段:都市部の新Bridge大橋で332番に乗ります。運賃は2元です。


チケット20元


この記事は、このWebサイトの編集者によって複製されています。コンテンツ、著作権、その他の問題に関与している場合は、30日以内にこのWebサイトにご連絡ください。できるだけ早くコンテンツを削除します!この記事の著作権は元の作者に属し、内容は作者の個人的な意見です。このサイトには、この声明の最終解釈があります。
コメント
严子俊