ホーム  /  ストーリー   /  マンションは本の香りに満ちている-寧波Zhitianyige
マンションは本の香りに満ちている-寧波Zhitianyige
2014-05-06
Like0 Comment0 Browse1032
キーワード: 自動運転 写真撮影 自由 人文科学 寧波


私は本が好きで、私の好きな本の1つは、快適な椅子に座って、お気に入りの本を持ち、読書中に香り高いお茶を飲むことです。本を愛するときは、本を買うのが好きで、元の本の保存がとても面倒であることも知っています。したがって、それはさらに尊敬され、400年以上本を保持できる天一亭に増やされます。



天一館に入ると、図書館のようなものではなく、長江の南にある庭のようなものであるため、少し驚いていました。本館は、広い部屋と深い部屋のある6つの部屋からなる、硬くて重い建物です。雨の日に公園を歩いていても、傘をさす必要はありません。 「天一プール」が建物の前で発掘され、水をプールに流し、火災を防ぐために水を貯めました。プールの周りには岩場とパビリオンがあり、中央には石の橋があり、至る所に花や草が植えられているため、建物全体とその周辺は江南のプライベートガーデンのスタイルになっています。


京京ホールに入ると、テレビはCCTVで撮影された天一パビリオンのドキュメンタリーを再生しているので、お茶を飲みながら天一パビリオンの「天一パビリオン」についてのストーリーをご覧ください。だから、私は再び伝説を見ました.Qian Xiuyunという女性はTianyigeのコレクションを垣間見るためにFanの家族と結婚しますが、彼女はまだ入ることができず、最終的に本に付随して永遠に「Yuncao」になりました。ため息をつくことはできませんが、ため息をつくことはできません。特にインターネットが普及して以来、本を買う人はどんどん少なくなっていますか? !!実際、中国の本は、特に海外の書店を訪れた後は本当に安く、さらに中国で本を買わないと、激しい気分を味わうでしょう。

ファン氏の野心を本当に賞賛し、世界中のすべての本を集めることができます。残念ながら、私はファン氏の本のコレクションは読むためのものではないと常に感じています。理由もなくキャビネットに入ることはできません。外の部屋などで本や他の姓を借りることはできません。この方法では、本のコレクションは保護されていますが、本の流通を妨げ、多くの孤独なコピーがどこにも見つからないようにします。本を愛する人が行かなければならない場合、それは結構ですが、悲しいことに、一部の泥棒は混乱を利用してパビリオンの背後の壁を破壊し、本を密かに輸送し、数ポンドで販売しました。いくつかのまれな版は、紙を作るための原料として使用されましたなんて恥!なんて恥! !!


自分の香りを増すために、私は天一館に長い間滞在しました。特に、私は宝with楼を中心とした本収集文化センターにとどまり、東明コテージ、ファンの旧居、Zunjingパビリオン、Mingzhou Beilinがあります、Qian Jinzhaiなど、実際には、ファンの以前の住居は本当にシンプルです。ファン・チンは人生で古代の古典を収集することを楽しんだ後、シェシャン郡の李郡万寿楼の残りのコレクションを入手しました。これは、70,000冊以上の本に達することができます。ここでは、興味のある都道府県を見つけることができ、忘れられた歴史について学ぶことができます



天一パビリオンはもはやファン一族の所有物ではありません。寧波の張秀岩氏は、かつて天一パビリオンに「Zhai Zhai」コレクションの50,000冊を贈りました。 Z江東部の本収集家であるFeng Mengzhang氏の死後、彼の家族も彼の意志に従って天一館に100,000冊の福渓室を寄付しました。また、寄贈物資には朱 "清氏の「美遊"」コレクション、孫香雄氏の「カタツムリの家」コレクション、Yang栄林氏の「青方」コレクションがあり、天一館には30万冊以上の蔵書があります。これは天一亭の祝福だけでなく、本を愛する人たちの祝福でもあり、私のコレクションが引き裂かれたら、とてもつらいことでもあります。チ・シャンリン氏の熱意の最近の窃盗を突然思い出し、チャン・シューヤン氏とフェン・メンシュアン氏は選択する権利があった。





その他の記事と写真については、Sinaブログhttp://blog.sina.com.cn/u/3315100383およびWeibo @梅园小筑2013をご覧ください。

この記事は、このWebサイトの編集者によって複製されています。コンテンツ、著作権、その他の問題に関与している場合は、30日以内にこのWebサイトにご連絡ください。できるだけ早くコンテンツを削除します!この記事の著作権は元の作者に属し、内容は作者の個人的な意見です。このサイトには、この声明の最終解釈があります。
コメント
严子俊
場所について